フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 民主主義防衛には国防への投資が必要 | トップページ | 遅い! »

2022年3月15日 (火)

日本の非核三原則に反する声に懸念

『外交部の趙立堅報道官は14日の定例記者会見で、「このところ、日本国内で自国の非核三原則に反する危険な声が相次いで出ている。中国はこれに重大な懸念を表明するとともに、日本に言動を慎み、地域の平和と安定を守る面で責任ある態度を取るよう促した」と表明しました。(後略)』
(CRIオンライン2022-03-14 21:16)
http://japanese.cri.cn/20220314/ced84c56-2ca0-c423-beda-a8c6a1fc1d77.html

北朝鮮が核を保有してミサイルを打ちまくり、
チャイナでは「日本を核の先制不使用の例外に」
という声まで上がっているにもかかわらず、
日本が核の議論さえ封印していることに
世界は理解不能の不気味さを感じているのではないか。

米国の戦後70年以上にわたる日本支配により、
日本は幼児のような知能に退化してしまったのだと
考える以外に理解のしようがない。

そんな日本にチャイナは「非核三原則」を守るように
促しているというのだ。

日本には核の先制使用をするぞと言いながら、
非核三原則を厳守しろという理屈は狂っているが、
それを言われてしまう日本はもっと狂っている。

日本人は幼児並みの知能だと世界に笑われていることと、
日本は理不尽なチャイナ以上に狂った国家であることを
自覚すべきだと思う。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 民主主義防衛には国防への投資が必要 | トップページ | 遅い! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 民主主義防衛には国防への投資が必要 | トップページ | 遅い! »