フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 熊本県産アサリ79%→ゼロに | トップページ | 電力需給ひっ迫警報初発令 »

2022年3月20日 (日)

重症患者2/3で死者3倍のなぜ?

『新型コロナウイルス対策の蔓延(まんえん)防止等重点措置が21日に全面解除され、感染流行「第6波」は一区切りを迎える見通しとなった。デルタ株からオミクロン株への置き換わりにより、国内の感染者は1月以降、約430万人増加。3カ月足らずで昨年末までの累計約170万人の2.5倍に上った。オミクロン株の重症化率は低下したものの、死者数は高齢者を中心に約8650人に上り、過去の流行を大幅に上回った。(後略)』
(産経新聞 3/20(日) 20:11配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/99a36f097f53e57269ce07c07920ef1287b4f3e4

上記の記事の重要点を書き出すと、
オミクロン株による新型コロナ第6波は、
特に感染力が強く(昨年末までの累計170万人の2.5倍)、
重症化率は低下したが、死者数は約8650人に上り、
過去の流行を大幅に上回った
ということになる。

ここで注目したいのが「重症化率の低下」で、
これは比率が低下しただけでなく、
重症者の絶対数も減少したことである。

第5波の重症患者数のピークは約2200人だが、
第6波のピークは約1500人に過ぎない。

にもかかわらず第6波の死者数は、
第5波の死者数の約3倍に
跳ね上がっているのである。

おかしいと思いませんか?

重症患者数(率ではなく数)は約2/3に減少したのに、
死者数が約3倍に増えた。

こんなことは通常では起こりえない。

特に重症化しにくいオミクロン株で、
死者だけが異常に増えるということは
考えられないことなのだ。

こういうことが起こってしまう原因は、
コロナによる死者の数え方にある。

ここでは何度も指摘しているが、
その人がどういう理由で亡くなったとしても、
コロナ陽性であればコロナ死者として
カウントされているのである。

つまりガンで死のうが、心臓病で死のうが、
それが交通事故死であってさえ、
コロナ陽性者であればコロナによる死者
ということになるのである。

だから感染力が格段に強くなり
コロナ陽性者が爆増したオミクロン株では、
死者数が異常に多い
ということが起こってしまうのだ。

そんな馬鹿げたことが、
コロナ騒動の実態である。

多くのまともな専門家が指摘している通り、
新型コロナはオミクロン株により
普通の風邪になった。

もう騒ぐ必要はなくなったのだけれど、
世界で日本だけが「まん防」をやって騒ぎ立て、
経済的被害を広げている。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 熊本県産アサリ79%→ゼロに | トップページ | 電力需給ひっ迫警報初発令 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 熊本県産アサリ79%→ゼロに | トップページ | 電力需給ひっ迫警報初発令 »