フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 5月からワクチン4回目接種 | トップページ | 岸田文雄は利用しやすい »

2022年4月27日 (水)

終息までマスクと医師会会長

『日本医師会の中川俊男会長は20日の会見で米国の一部航空会社などでマスクの着用義務を解除、緩和する動きが広がるなど世界的なマスク解除の傾向について「結論から言いますと、マスクを外すのは新型コロナウイルス感染症が終息した時だと思っている。ウィズ・コロナの状態でマスクを外すという時期が来るという風には思っていない」などと明言した。 マスク撤廃の時期については「まずは収束が来た時点で、その収束がどのくらい維持できるか。感染の流れ、いろいろな状況を見て、疫学的調査もしながら、終息が来るんだ、と言うことが分かった時点で初めてマスクを外していいんだという風になる」との見解を示した。』
(日刊スポーツ 4/20(水) 18:13配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/2df0e2b32023599275dfd302ad8cac39d0c7febb

今回のコロナ騒動で、
日本医師会がどれほど腐った団体で
あるかがはっきりしたわけだが、
マスク解除についても、
医学的根拠を全く明らかにせず、
「終息までマスクを外すな」とは
どういうことだろう。

普通なら、マスク着用によって
どの程度コロナ感染を防げるのか、
マスクを着け続けることによる
健康に対する影響、
とりわけ児童や園児などへの
マスク着用の悪影響などを
明確にしたうえで、
マスクを着用すべきか否かを
語るべきだろう。

僕は、屋外のマスク着用については、
無意味な上に気温が上昇するこれからの季節は
熱中症など健康被害も大きくなるのだから、
一刻も早くマスクを外すように
促すべきだと思う。

また、園児・児童・生徒など18歳以下については、
コロナではほとんど重症化しないのだから、
そもそもマスク着用を強いるべきではなかった。

これからは咳やくしゃみ、発熱のある人以外は、
基本的にマスク着用は不要であることを、
厚労省など責任ある立場の人が広報すべきである。

でなければ、日本国民は同調圧力によって
マスクを外すことができず、
この夏も不自由な日々を過ごさなければ
ならなくなるだろう。

 


応援のクリックをお願いします。

 

« 5月からワクチン4回目接種 | トップページ | 岸田文雄は利用しやすい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月からワクチン4回目接種 | トップページ | 岸田文雄は利用しやすい »