フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« なぜいま呼称変更なの? | トップページ | 新型コロナを5類にして普通の生活を »

2022年4月 2日 (土)

対中ODAが今年3月で終了?

『40年以上にわたって中国に供与されてきた日本政府の途上国援助(ODA)の全ての事業が、3月末に終了します。ODAは中国の発展を支えて日中の結びつきを強めた半面、援助を続ける必要性や、中国側の情報公開などをめぐって批判も受けてきました。
日本の対中ODAは1979年に始まりました。中国が戦後賠償を放棄した見返り、との性質もあったとされます。国際協力機構(JICA)によると、ODAのうち、無償でお金を提供する「無償資金協力」は約1600億円、お金を貸す「円借款」は約3兆3千億円、「技術支援」の約1900億円で、計3兆6千億円余りを支援してきました。援助の内容は、初期は港湾や発電施設などインフラ支援が主で、その後は地下鉄建設や内陸部貧困解消、環境対策など、時代が進むにつれて変わっていきました。
しかし、中国が急速な経済発展を遂げ、国防費も多額になっていきました。さらに日本から援助を受けている中国が、他の途上国に戦略的な支援を行うようになりました。日本ではこうしたことへの警戒心に加えて、「日本の支援であることが中国の市民に知られていない」といった懸念も強まっていきました。ODAに携わったことがある元外交官の一人は、「ODAでつくられたことであることを示すプレートが外されたこともあり、中国が『隠している』と言われても仕方がない対応をとってきた経緯がある」と明かします。
こうした状況から、日本政府はODAが「役割を終えた」と判断。無償資金協力は06年、円借款は07年の時点でそれぞれ新規供与を終えています。そして、技術支援で継続していた事業も、3月末で完全に終了します。』
(朝日新聞デジタル 2022年3月31日 16時51分)
https://news.livedoor.com/article/detail/21926221/?_clicked=social_reaction

「対中ODAって、まだ続いていたのか」
と思った人も多いのではないでしょうか?

僕ももう随分前に終わっていたと思っていたが、
(もちろん無償資金協力は06年、
円借款は07年に終わっていたが、)
技術支援という形で続いていたのだ。

円借款は2007年に新規供与を終えたが、
その3年後の2010年に、
チャイナのGDPは日本を抜いている。

そしてチャイナは急激に防衛費を拡大し、
他の途上国に戦略的な支援を行うほど豊かに
なっていったわけだ。

チャイナは1964年には核実験を成功させ、
1970年にはチベット高原に核ミサイルを配備した。

にもかかわらず、日本は1979年に対中ODAを開始し、
今年の3月まで金と技術を貢ぎ続けたのである。

ほんとアホですね。

日本はつくづくアホな国です。

 

 

応援のクリックをお願いします。

 

« なぜいま呼称変更なの? | トップページ | 新型コロナを5類にして普通の生活を »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜいま呼称変更なの? | トップページ | 新型コロナを5類にして普通の生活を »