フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 東京都の重症患者数17人に | トップページ | レジ袋有料化は義務ではなかった? »

2022年4月20日 (水)

米ノババックス製ワクチン薬事承認

『後藤厚生労働大臣は、米ノババックス製の新型コロナウイルスのワクチンについて、きょう午前、薬事承認した。 厚労省の専門部会が、きのうの会合で、薬事承認することを了承していた。ノババックス社製の新型コロナワクチンは「組み換えたんぱくワクチン」と呼ばれるタイプで、対象は18歳以上。ファイザーやモデルナとは作用が異なり、これまでのワクチンでアレルギーが出た人への使用や、すでに別のワクチンを接種した人への3回目の接種として使用することも想定されている。 国内では4種類目の新型コロナワクチンとなる。政府はすでに1億5000万回分の供給を受ける契約を結んでいて、承認されれば来月下旬に配送が開始される予定。』
(FNNプライムオンライン 4/19(火) 10:21配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/790f89832317f7a548db7b20756064ca332de623

新しいワクチンは「組み換えたんぱくワクチン」
と呼ばれるタイプのようだ。

「組み換えタンパクワクチン」は
ファイザーやモデルナのmRNAワクチンとは異なり、
B型肝炎、海外ではインフルエンザなどのワクチンに
使われるなど過去に実績のあるものだという。

ワクチンの有効性は
ファイザー2回接種95%、
モデルナ2回接種94.1%と比べ、
ノババックス2回接種90.4%と
ほぼ変わらないようだが、
オミクロン株に対しては
ファイザー3回接種65%、
モデルナ3回接種69%だが、
ノババックスの結果については
公表されていないようだ。
https://news.yahoo.co.jp/pages/20210122

政府は既に1億5000万回分の
供給を受ける契約を結んでいるようだが、
これから入手するワクチンは
オミクロン株に高い効果を示すものでなければ
意味がないのではないだろうか。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 東京都の重症患者数17人に | トップページ | レジ袋有料化は義務ではなかった? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京都の重症患者数17人に | トップページ | レジ袋有料化は義務ではなかった? »