フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 食糧危機が日本に来たら | トップページ | 日韓防衛相会談はお断り »

2022年6月12日 (日)

太陽光パネル設置義務化98%反対

『東京都が、住宅を含む新築建築物に太陽光発電パネルの設置を義務付ける条例改正案制定を検討している。太陽光パネルはクリーンエネルギー推進につながると注目される一方、火災や環境汚染などのリスク、部材の主要生産地である中国新疆ウイグル自治区における人権侵害との関係も指摘されており、都議会でも慎重な検討を求める声が上がりはじめた。夕刊フジでは、ツイッターの公式アカウントで緊急アンケートを実施し、義務化の是非を聞いた。(後略)』
〇設置を義務化すべきだ0.9%
〇設置は義務化すべきではない98%
〇よく分からない・その他0.9%
(夕刊フジ 6/11(土) 17:00配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/f329ee0276b9a7ff01f24a62f118a157c1d0231d

主な反対意見は次の通り。
《台風、雪、雹(ひょう)、火事など、設置後のリスクが大きいと思う》
《太陽光パネルの廃棄物をどこに捨てるのか。それこそ環境破壊では》
《パネルの反射光が「光害」となり裁判にもなっている》
《契約の自由の原則に反するのでは》
《いつ首都直下型地震が来るのかわからん時に、二次災害の危険性をあえて取るのか》

小池知事はこうしたリスク、法的問題など
少しは考えたのだろうか?

日本の地方行政って、
本当に恐ろしいレベルまで劣化している。

少しでも考えれば、
太陽光パネル設置義務化のメリットは
どこから見ても『ゼロ』だ。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 食糧危機が日本に来たら | トップページ | 日韓防衛相会談はお断り »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ブログ主様書込みお許し下さい。
日本が侵攻されぬ為どうか皆様に知って頂きたい、中韓へ忠誠を表明した野党が阻止する改憲の必要性とその日本献上策を、危機感を持ち知って頂きたく誠に恐縮ですが書込ませて頂きました。

報道するテレビが無い中、尖閣奪取を狙う、中国の日本領海侵犯が激しさを増す現状は、かつて9条の様に非武装中立で平和的であったチベット等を現在も中国が武力で侵略虐殺を行う惨状を連想させ、

韓国が日本の竹島を不法占拠した際、多くの船員が機関銃で襲撃され死傷し、北朝鮮には国民を拉致され、
尖閣には中国が侵犯する現状でも、9条により日本は国を守る為の手出しが何一つ出来ません。

中朝ロの数千発の核ミサイル標準は常時日本に向けられており、尖閣、台湾周辺の動きも激化する中、9条を改正し自立した戦力を持たなければ、
有事に敵地攻撃力を持たぬ現状防衛力では日本人の命と領土は守れません。

中韓による侵略は、野党が法制化を目指す外国人参政権や(民主党政権の超円高誘導は日本経済を破綻危機に追い込みました)

又「朝鮮の役に立ちたい」と表明した維新による、国の権限を弱め、地方独立から国家分断を図る道州制等、多様性と言う名の文化破壊活動からも始まっており、

外国人参政権は米国始め世界的に認める国は少なく、これを与えた事でハワイは米国に、ウクライナクリミア半島もロシアに乗っ取られた過去があります。

又背乗りやスパイ等の犯罪発見の役割も果たしている戸籍廃止に繋がる夫婦別姓や、日本人のみを処罰対象とした、特定国への反論を封じるヘイトスピーチ条例等、

先進国で唯一スパイ防止法が無い日本で、
中韓に軸足を置き、友好を刷り込む野党やメディアが、制度の危険性を隠し国民を誘導する現状からも、既に浸透工作は最終段階である事、
日本でウクライナの悲劇を生まない為に投票の大切さと、一人でも多くの方に目覚めて頂きたいと切に思い貼らせて頂きます。
https://pachitou.com
長文、大変申し訳ありません。

太陽光パネルは感電の危険性があり、家事の際、消火活動の妨げになります。
東京都心のような密集地で火事が起こったら、と考えると、到底賛成はできません。
それに、太陽光パネルの会社に日本の会社はなく、みな中国です。
利権があるのでは、と疑られても仕方ない。
粗悪品ばかりの中国品を買わせようというのも無責任です。
また、太陽光パネルでは元を取れませんよ。無駄になる可能性が高いです。
今は東京都に限られていても、なし崩しに全国に及ぶでしょう。
今のうちに芽を摘んでおく必要があると思います。

長くなって申し訳ありませんが、akiさんのコメントに対して、意見を書かせてください。

9条改正は保守派の悲願であり、私も日本が武器を持って戦えるようになることは必要と思います。
ただ、公明党と連立していて、それが可能か疑問です。
本気なら公明党を切るのではないでしょうか。
何より、自民党の改正案を読むと、目的は9条改正ではなく別のことではないかと思われるふしがあります。
それは「基本的人権の最高法規からの削除」と「緊急事態条項の制定」です。
もしこれが実現すれば、それこそ某国のような独裁国家になってしまうのではないか心配です。
憲法改正に疑問を持つと、脊髄反射で、「左翼」「日本人ではないのだろう」などと言われ、出禁になったり削除対象にされたブログもありますが、
もしものことを考えると、今の自民党に改正させるのは二の足を踏んでしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 食糧危機が日本に来たら | トップページ | 日韓防衛相会談はお断り »