フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 電車で痴漢容疑の警官不起訴 | トップページ | 月数十円の節電ポイントのトホホ »

2022年6月22日 (水)

日本の守りを放棄し未来を壊す

『岸田文雄首相(自民党総裁)は22日、参院選への決意をツイッターに投稿した。「日本を守り未来を創るため全力を尽くす」と記した。
「本日の福島・岩手・宮城を皮切りに日本全国を回り自民党の政策を訴える」とつづった。主要7カ国首脳会議(G7サミット)などに出席するため、選挙期間中に欧州を訪れることも紹介した。(後略)』
(日本経済新聞 2022年6月22日 9:57)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA2215S0S2A620C2000000/

岸田総理が「日本を守り未来を創る」と
ツイートしたという。

この男が「日本を守る」などということを
露ほども考えていないことは明らかだ。

〇自称広島出身だから核については議論すらしない。
〇原子力潜水艦は金がかかるからやらない。
〇防衛予算拡大のキーマンであった島田防衛事務次官を更迭し、
 参院選後は岸防衛大臣もお払い箱になるかも。
などと噂されている。

たかが日本の経理部門に過ぎない
財務省の言いなりだから、
「日本を守り未来を創る」
ために不可欠の防衛予算などを
どんどん削っていく。

僕から見ると岸田文雄という男は、
「日本の守りを放棄し、
日本の未来を破壊しようとしている」
としか思えない。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 電車で痴漢容疑の警官不起訴 | トップページ | 月数十円の節電ポイントのトホホ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電車で痴漢容疑の警官不起訴 | トップページ | 月数十円の節電ポイントのトホホ »