フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« マスク着用リレーで熱中症 | トップページ | 太陽光パネル設置義務化98%反対 »

2022年6月11日 (土)

食糧危機が日本に来たら

穀倉地帯であるウクライナ・ロシアで戦争が起こり、
農産物の肥料もロシアで多く生産されていることから、
今年の後半から日本にも食糧危機が来るのではないかと
言われている。

僕は政府の不作為で、
日本が本当に食糧危機に陥る可能性があると
心配している。

たとえば新型コロナによる日本経済の低迷にも、
政府は需要不足を補う財政出動をほとんど行わず、
景気の先行きには暗雲が垂れ込める。

エネルギー危機にしても、
日本政府は有効な対策を何も打たず、
冷房を28度にとか、テレビをみんなで見ろとか、
下らぬ省エネ対策を要請するばかりだ。

役に立たない再エネ拡大は口にしても、
原発再稼働とか、石炭火力の積極活用とか、
電力供給を現実的に増やす努力は
ほとんど見られない。

このように岸田政権は食糧危機が来ても、
必要な対策を打たないのではないか?

岸田総理は薄ら笑いを浮かべながら、
しっかり検討し、「食事はおにぎり1個で」
などと要請するのではないか?

本格的な食糧危機が来たら、
政府が余程有効な対策を打たない限り、
国民は飢えて死ぬことになる。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« マスク着用リレーで熱中症 | トップページ | 太陽光パネル設置義務化98%反対 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マスク着用リレーで熱中症 | トップページ | 太陽光パネル設置義務化98%反対 »