フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 国の税収2年連続で最高を更新 | トップページ | 当面は火力・水力の活用で対応? »

2022年7月 2日 (土)

「育休」を「育業」にするらしい

『東京都は29日、育児休業の新たな愛称を
「育業(いくぎょう)」に決めたと発表。
「仕事を休む期間」と捉えられ、
育休取得をためらう人が多いとして、
イメージを一新する狙いだ。』
(時事通信 2022-06-29)
https://sp.m.jiji.com/article/show/2774996

東京都が育児休業の新たな愛称を
「育業」に決めたそうだ。

「育休」では「仕事を休む期間」
と捉えられ、
育休取得をためらう人が
多いのだという。

まったく小池のやることは
意味が分からん。

そもそも「育休」が問題なら
有給で休みを取る「有休」のイメージは
もっと問題だろう。

それに「育業」のどこが愛称なのだ?

字面が硬いし、
声に出して言いにくい。

「育休」で定着しているのに
余計なことがしたいなら、
もっと、みんながハッとするような
アイデアを披露してもらいたい。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 国の税収2年連続で最高を更新 | トップページ | 当面は火力・水力の活用で対応? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国の税収2年連続で最高を更新 | トップページ | 当面は火力・水力の活用で対応? »