フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« マスクが外せないただ一つの理由 | トップページ | 「育休」を「育業」にするらしい »

2022年7月 1日 (金)

国の税収2年連続で最高を更新

国の2021年度の税収が67兆円程度となり、過去最高を更新したことがわかった。これまでの最高だった20年度の60兆8216億円を1割上回る。新型コロナウイルス禍からの業績の回復で法人税収が伸びた。消費税や所得税も堅調だった。
21年度当初予算の時点では、57兆4480億円と見込んでいた。21年末に上方修正した63兆8800億円をさらに3兆円ほど上回った。税収は2年連続で過去最高を更新した。
(日本経済新聞 2022年7月1日)
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO62221820R00C22A7MM8000/

国民が貧困化しているのに
税収だけが2年連続過去最高を更新って
一体どこの国の話、という感じだ。

まあ、国民から絞れるだけ絞り取れば、
税収も伸びるのかなと。

税金は乾いた雑巾を絞るように取り立て、
40度を超える真夏の酷暑でも節電を命じ、
マスクの着用で熱中症をさらに増加させる。

増えた税収は絶対に国民のために使わない。
財政出動も増やさない。
そんなことをしたら30年間続けてきた
日本経済の停滞が成長に転じてしまう。

増えた税収は外国や外国人のために
使うのだろう。

消費税を無くし、
国のインフラや防衛にお金を使えば、
日本経済は成長するし、
コロナを5類に変更すれば
マスクをする必要もなくなるんですがね。

こんな簡単なことを
なぜやらないのだろう?

 

応援のクリックをお願いします。

 

« マスクが外せないただ一つの理由 | トップページ | 「育休」を「育業」にするらしい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

動画の前に自動的に流される宣伝で、
「日本政府と企業は、30年前から外国株に投資している」
という情報を得ました。
バブル崩壊のときからということになります。
徴税後、国民のために使われるはずのものや国民に給与として払われるものが、
適切な使われ方をしていないかもしれません。

冷戦終結後、日本は米国から敵視され、米国の思うがままにされてきました。それに抵抗もせず、米国の要求を唯々諾々と受け入れてきた結果が、今の日本の姿です。米国から離れることもできず、米国の言う通りにやったからといって、世界における日本の立場が良くなるわけでもありません。どんどん悪くなっていっているというのが今の日本の状況でしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マスクが外せないただ一つの理由 | トップページ | 「育休」を「育業」にするらしい »