フォト

おすすめ本

  • マスクを捨てよ、町へ出よう
  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 旧統一教会問題による安倍派潰し | トップページ | 慰霊の日に騒ぐ『自由』 »

2022年8月 6日 (土)

退任させるべきは林外相

『韓国メディアは6日、朴振外相がカンボジアでの日韓外相会談で、日本が2019年に強化した対韓輸出管理の解除を求めたと報じた。韓国外務省高官の話として伝えた。高官は「韓国が関係改善のために望ましい解決策を探す過程で、日本が輸出統制撤回を通じて誠意ある姿勢を見せる必要がある点を強調した」と語った。』
(JIJI.COM 2022年08月06日17時36分)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022080600441&g=int

安倍総理時代には、
応募工問題などの日韓の懸案事項に
韓国が具体的な解決策を提示するまで
会談を行わないとしていた。

それが親韓・媚中の岸田総理
→林外相ラインになってから、
韓国の高官と簡単に会ってしまい、
韓国側がまた以前のような
ふざけた要求をするようになった。

『韓国が関係改善のために
望ましい解決策を探す過程で
日本が輸出統制撤回を通じて
誠意ある姿勢を見せる必要がある』というのは、
「われわれは特に何もしないが、
日本が誠意ある姿勢を見せろ」という意味。

安倍総理の厳しい対韓姿勢により
凍結された日韓関係が、
岸田・林の融和姿勢により、
また以前のような屈辱的な関係に
戻りつつある。

内閣改造で真っ先に退任させるべきは
林芳正外相だと思うのだが、
岸田総理は内閣の骨格を維持するためとして
林外相を留任させるようだ。

 

 

応援のクリックをお願いします。

« 旧統一教会問題による安倍派潰し | トップページ | 慰霊の日に騒ぐ『自由』 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ふざけた韓国に言い分にまた乗っかるのか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旧統一教会問題による安倍派潰し | トップページ | 慰霊の日に騒ぐ『自由』 »