フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 三年目のオオカミ少年 | トップページ | 安倍氏慰霊碑残さず奈良市判断 »

2022年10月 3日 (月)

岸田はやはりバカでした

『岸田文雄首相は3日の所信表明演説で、新型コロナウイルス対策でのマスク着用について「引き続き、屋外は原則不要だ」と強調した。海外で「ノーマスク」の国が増え、国内でも「いつになったら外せるのか」との声が強まっている。政府は、新型コロナと季節性インフルエンザの同時流行への警戒から、「ノーマスク」への完全移行は時期尚早とするが、国民の不満を和らげるためにも「屋外でのマスク外し」を徹底したい考えだ。(後略)』
(毎日新聞 10/3(月) 20:01配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/8e0a22c8d8d2893075a3bc6d58aedd5f3b0fc5c9

岸田は国民がなぜマスクをし続けているのか、
その理由が分かっているのだろうか。

それは言うまでもなく、
コロナが指定感染症の2類相当(1類扱い)に
指定され続けているからだ。

のど風邪に過ぎなくなったコロナを、
今もエボラ出血熱やペストと同じように
扱わなければならないのである。

だから、コンビニでも、スーパーでも、
デパートでも、ホテルでも、電車内でも、
あらゆる場所でマスク着用が求められる。

家を出るときはマスクを外しても、
電車内や、コンビニや、会社内や、食堂や、
結局どこへ行ってもマスク着用を
求められるのである。

これなら、マスクを着けたり外したりするより、
ずっとマスクをしている方が
面倒くさくないと思ってしまうだろう。

なぜ、のど風邪がエボラやペストと同じ
指定感染症2類相当(1類扱い)なのか。

このバカげた指定を変更しない限り、
国民はマスクを外したいと思っても
外せないのである。

 

 

応援のクリックをお願いします。

« 三年目のオオカミ少年 | トップページ | 安倍氏慰霊碑残さず奈良市判断 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三年目のオオカミ少年 | トップページ | 安倍氏慰霊碑残さず奈良市判断 »