フォト

おすすめ本

« 給食に排泄物混入の女性不起訴 | トップページ | ついに政府がお墨付き »

2022年11月 4日 (金)

経済団体代表の頓珍漢発言

『経済同友会の桜田謙悟代表幹事は4日の記者会見で、弾道ミサイルの発射を異例の頻度で繰り返す北朝鮮を巡り「安全保障のリスクのリアリティーが非常に高まっている」と警鐘を鳴らした。その上で「国民全体がわがことと捉え、リスクに負けないようなチャレンジが必要だ」と訴えた。(後略)』
(産経新聞 11/4(金) 16:47配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/b98813482484c3f89b744cb4eeaafaef1e101e49

北朝鮮が弾道ミサイル発射を
繰り返していることに対し、
国民全体がわがことと捉え、
リスクに負けないようなチャレンジが必要だ

って意味わかりますか?

本来なら、軍事費を増額して、
早急に国防力を強化すること以外に
リスク低減策はないはずだ。

かつて「経済一流、政治三流」
といわれた日本経済も、
ここまで堕ちたとは嘆かわしい。

この桜田謙悟という男、
後段では「事業規模が71兆6千億円
に上る総合経済対策」にも、
「明らかに過大で異常」と
経済音痴ぶりを爆発させており、
これが経済団体の代表とは
呆れ果てる。

「政治三流、経済も三流」
といったところか。

 

応援のクリックをお願いします。

« 給食に排泄物混入の女性不起訴 | トップページ | ついに政府がお墨付き »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 給食に排泄物混入の女性不起訴 | トップページ | ついに政府がお墨付き »