フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 維新のバカは吉村に極まれり | トップページ | 媚中大臣の弱腰対応 »

2022年11月30日 (水)

医師の仮面を被った守銭奴

『現在、「2類相当」とされている新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けを見直すことについて、日本医師会の釜萢常任理事は、「5類」に引き下げるよりも、コロナ独自の分類などを新たに設けるべきとの見解を示しました。(中略)
釜萢常任理事は、コロナが「5類」に分類された場合、現在は公費で全額負担されているコロナ患者の治療費やワクチンの接種費用などに自己負担が生じる可能性があるとして、見直しの議論は慎重に進めていくべきだと強調しました。』
(TBS NEWS DIG 11/30(水) 19:55配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/50b1a756a4df0f16a46e642cc09b162ca9ca41a2

コロナ長者たちは、
このおいし過ぎる全額公費負担制度を
手放したくないようだ。

病床は空けておくだけ、
ワクチン接種も自己負担がなければ
ほぼ日本国民全員が打ちに来る。

濡れ手に粟のぼろ儲けで、
一部の医師たちは
どれほどの財産を築いたのか。

5類へ引き下げになれば
すべてが自己負担になり、
コロナ特需は失われる。

もう散々稼いだのだから
良いではないかと思うのだが
守銭奴たちは一度吸った甘い蜜を
逃したくないようだ。

守銭奴たちに医師の倫理はない。

ワクチンにどんな有害反応があろうと、
老人にも、基礎疾患のある人にも、
妊娠の可能性がある女性にも、子供にも
打って打って打ちまくる。

「もういい加減にしろ」と
すべての国民が怒りの声を挙げる
段階ではないだろうか。

 

応援のクリックをお願いします。

« 維新のバカは吉村に極まれり | トップページ | 媚中大臣の弱腰対応 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 維新のバカは吉村に極まれり | トップページ | 媚中大臣の弱腰対応 »