フォト

おすすめ本

« コロナワクチン国費は廃止すべき | トップページ | いつまで続けるコロナワクチン接種 »

2022年11月 8日 (火)

コロナ脳に侵された医師の喜劇

『新型コロナの東京都の新規感染者が増加していることを受け、東京都医師会の尾崎会長は、「第8波に入りかけている」と述べました。
東京都医師会 尾崎治夫会長
「今、第8波に入りかけていると考えておりますが、何が一番今できるかといったら、やはり私はワクチンを打つことではないかと思っています」(後略)』
(TBS NEWS DIG 2022年11月08日 18時33分)
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12198-1975797/

のど風邪に過ぎなくなった
コロナ陽性者数を
熱心に数え続けて
何になるのだろう。

世界的にコロナ陽性者が
少なかった日本なのに、
ワクチンを打ち続け、
マスクを着用し続けていたら
陽性者数は世界一になった。

東京都の医師会は、
「もっとワクチンを打て」と
言っているようだが、
何のために?

日本国民は政府や専門機関を信じているが、
それはそれらが国民のためにならないことは
しない、ということが前提だった。

いまは政府や専門機関を信じないほうがいい
と言わなければならない。

 

応援のクリックをお願いします。

« コロナワクチン国費は廃止すべき | トップページ | いつまで続けるコロナワクチン接種 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナワクチン国費は廃止すべき | トップページ | いつまで続けるコロナワクチン接種 »