フォト

おすすめ本

« 増税すると税収が減る | トップページ | 未来世代への責任は経済を成長させること »

2022年12月10日 (土)

外国にばら撒く金はない

『外務省は、ODA=政府開発援助を今後10年間で倍増すべきと明記した開発協力大綱の改定に向け、調整を進めています。
林外務大臣:「国際社会の期待と信頼に応えながら我が国自身の平和と繁栄を確保していく、このためには防衛力のみならず力強い外交を展開することが不可欠だと考えております」
外務省は、来年前半にODAなど開発協力の今後10年間の方向性を示す大綱を改定する方針です。外務省の有識者会議は、9日、林外務大臣に「選択と集中」によるODAの戦略的な活用や、今後10年間で他のG7諸国の水準に並ぶGNI=国民総所得比0.7%に倍増させることを明記すべきだとする提言を提出しました。また、覇権主義的な動きを強める中国を念頭に、同志国との連携など経済安全保障の視点も盛り込むよう求めています。』
(テレ朝NEWS 2022年12月9日)
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000279179.html

まず、日本国民を豊かにすること。

一人当たりのGDPは年々落ち続けて
2021年度は世界27位。

もうすぐ韓国や台湾にも
抜かれようかとしている国が
大国づらしても仕方がない。
https://www.globalnote.jp/post-1339.html

政府が財政出動を大幅に増やし、
日銀が金融緩和を続け、
消費税をゼロにすれば
日本経済は数年で復活する。

そうして日本を豊かにしてから、
他国への援助を考えればいいだろう。

貧乏国家にできることは
限られている。

 

応援のクリックをお願いします。

« 増税すると税収が減る | トップページ | 未来世代への責任は経済を成長させること »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 増税すると税収が減る | トップページ | 未来世代への責任は経済を成長させること »