フォト

おすすめ本

« 性の多様化ではなく単一化 | トップページ | 入管法改正案28日採決へ »

2023年4月26日 (水)

アジアの脱炭素化に150兆円

岸田総理大臣は、日本はアジアにおいて「アジア・ゼロエミッション共同体」構想を推進し地域の脱炭素化を支援し、今後10年間で官民で150兆円の新たな関連投資を実現する意向であることを明らかにした。
岸田総理は、【エネルギーと気候に関する主要経済国フォーラム(MEF)】に際してのビデオメッセージで「日本は、ネット・ゼロ、エネルギー安定供給、経済成長を同時に実現するため、グリーン・トランフォーメーションに挑戦し、今後10年間で、官民で150兆円の新たな関連投資を実現します。またアジアにおいて日本は、『アジア・ゼロエミッション共同体』構想を推進し、地域の脱炭素化を支援します。G7として、強靱性の強化に向け、更なる支援を実行していきます。同時に、エネルギー安全保障を確保した脱炭素化に向けた多様な道筋を世界に示していきます。私は、本年のG7議長として、各国や国際機関とも協力しながら、世界の脱炭素化に向けてリーダーシップを発揮していく決意です」との旨を述べた。(後略)』
(ASEAN PORTAL 2023年4月25日)
https://portal-worlds.com/news/asean/30688

G7で褒められたいためだけに
150兆円もの投資を約束するなんて
どうかしている。

国内への投資は徹底的に削り
(削れないものは増税)
外国への支援は大盤振る舞いを
続ける異様な国。

日本がどれだけ金を出そうと
誰も日本が世界のリーダーとは
思わない。

要求すればどんどん出てくる
キャッシュディスペンサー
とでもいうところである。

 

応援のクリックをお願いします。

« 性の多様化ではなく単一化 | トップページ | 入管法改正案28日採決へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 性の多様化ではなく単一化 | トップページ | 入管法改正案28日採決へ »