フォト

おすすめ本

« 維新を勝たせた自民党 | トップページ | おまえが言うか!? »

2023年4月11日 (火)

共産党「県議ゼロ」相次ぐ

『共産党は道府県議選で公認候補が落選し、計5県で議席がゼロとなった。これまで議席がなかったのは愛知だけだった。新潟、福井、静岡、熊本はそれぞれ虎の子の1議席を、福岡は6人を擁立するも改選前2議席を失った。党勢退潮の背景に、党首公選制導入を求める党員2人を除名した影響を指摘する向きがある。愛知では元職が当選。2015年以来の議席を得た。議員定数削減の余波が懸念された大阪は1議席を確保し、1951年以来、70年以上にわたり維持してきた議席を死守した。党員除名を巡っては、インターネットなどで「怖い」「旧態依然とした党体質」との声が上がった。』
(日本経済新聞 2023年4月10日 3:31)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA095DJ0Z00C23A4000000/

共産党には一日も早く
消えてもらいたい。

日本に共産党が存在する意味が
僕には分からない。

あくまで可能性の話だけれど、
日本で共産党が政権を奪取し、
チャイナや北朝鮮のような国になり、
二度と民主主義国家に戻らない事も
有り得るのだ。

そんな危険な状況を
なぜ放置したままにして
いられるのだろう。

現在の日本は自由の意味を
はき違えている。

自由とは限定されたものであって、
何をやってもいいわけではない。

我々には人を殺す自由はない。

共産主義を広めることは、
自由を失うことなのだ。

 

応援のクリックをお願いします。

« 維新を勝たせた自民党 | トップページ | おまえが言うか!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 維新を勝たせた自民党 | トップページ | おまえが言うか!? »