フォト

おすすめ本

« 見なくても払わせられる受信料 | トップページ | 貿易収支 21兆7285億円の赤字 »

2023年4月19日 (水)

専門家なら可能性より事実を語れ

『厚生労働省に新型コロナウイルス対策を助言する専門家組織の脇田隆字座長ら有志は19日の会合で、今後、流行「第9波」が起こり「第8波より大きな規模になる可能性も残されている」との見解を示した。国内の感染した人の割合が低いことや、対策の緩和などを理由に挙げた。
ワクチンの追加接種や介護・医療現場の感染対策など「死亡リスクの高い高齢者や基礎疾患がある人たちへの対策を継続する必要がある」と訴えている。 見解では、日本は高齢化率が高く、死者数が「他国と比べても多い状況で推移する可能性がある」と指摘。高齢化の進んだ地方に流行の中心が移り、死者数を押し上げることもあり得ると警告した。 厚労省の集計によると18日までの1週間に報告された国内の新型コロナ新規感染者数は前週比1.06倍。33都道府県で増加し、沖縄が1.64倍、石川が1.34倍、愛媛が1.31倍と高かった。
加藤勝信厚労相はこの日の会合で、新規感染者数が緩やかに増加していると指摘。「夏に向けて感染拡大が生じる可能性がある」と述べた。』
(KYODO 4/19(水) 18:36配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/821ab5bf6ff76c31c394e3c5a5bbe95a0ca81e13

「コロナ第9波ではウイルスが強毒化し、
人類が滅びる可能性がある
というように可能性という言葉を使えば
何でも言える。

特にコロナの専門家たちは、
可能性という言葉で示した予想が外れても
何ら責任を取らない。

テキトーなことを言うのは
いい加減にしてもらいたい。

もう新型コロナウイルスの専門家は
いらなくなる可能性がある

 

応援のクリックをお願いします。

« 見なくても払わせられる受信料 | トップページ | 貿易収支 21兆7285億円の赤字 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 見なくても払わせられる受信料 | トップページ | 貿易収支 21兆7285億円の赤字 »