フォト

おすすめ本

« 高校無償化は誰かの負担増 | トップページ | 国民の声なんかどうでもエエ »

2023年5月12日 (金)

自民党も終わりやね

『自民党は12日、党本部で性的マイノリティに関する特命委員会と内閣第1部会の合同会議を開き、LGBTなど性的少数者への理解増進を図る法案を特命委の高階恵美子委員長と内閣第1部会の森屋宏部会長に対応を一任した。保守系議員の一部は反対したが、幹部側が押し切った。法案は19日に広島市で開幕する先進7カ国首脳会議(G7広島サミット)の前に国会に提出される見通しとなった。法案は基本理念に「性的指向および性同一性による不当な差別はあってはならない」と盛り込まれた。(後略)』
(THE SANKEI NEWS 2023/5/12 20:15)
https://www.sankei.com/article/20230512-5RPRXZXV7JO7LCZK747SE2WIMU/

「性的指向および性同一性による
不当な差別はあってはならない」という
「不当な差別」が
どのようなものを指すのかが
よく分からない。

自分を女性だと自認する男性や、
女装趣味の男性が、
女性トイレや更衣室に入り込み、
女性が出ていくように主張した場合
それは不当な差別なのか?

上記のようなことが
欧米で問題となっている最中、
G7前に法案を国会に提出しようとする
意図は何なのか。

岸田政権が米国の言いなりに
なっているという以外に
どのような理由が考えられるだろう?

 

応援のクリックをお願いします。

« 高校無償化は誰かの負担増 | トップページ | 国民の声なんかどうでもエエ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高校無償化は誰かの負担増 | トップページ | 国民の声なんかどうでもエエ »