フォト

おすすめ本

« 「日韓は重要な隣国」ではない | トップページ | 自民党も終わりやね »

2023年5月10日 (水)

高校無償化は誰かの負担増

5月9日、大阪府が高校の授業料の「完全無償化」に向けての素案を公表した。高校は公立・私立を問わず、所得制限や子供の人数の制限もなく、大阪府内の高校に通うすべての生徒を対象とする。素案では、2024年度は高校3年生だけが対象となり、1年ごとに拡大し、2026年度には全学年で無償化する。また、大阪府民が大阪の公立大学に通う場合も同様で、2026年度までに全学年を無償化するとしている。(後略)』
(FLASH 5/10(水) 18:00配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/fdbb2e55e2722bc192675e4455c1fce67e89b1e1

高校授業料完全無償化
といっても、その授業料が消えて
なくなるわけではない。

外の誰かがその授業料を
負担することになるのである。

「身を切る改革」とか
耳障りのいいことばかり言う
輩には注意したい。

身を切れば血が出るのだ。

不必要なものに金を出し、
必要なものをカットしていないか
しっかり見張るべきである。

 

応援のクリックをお願いします。

« 「日韓は重要な隣国」ではない | トップページ | 自民党も終わりやね »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「日韓は重要な隣国」ではない | トップページ | 自民党も終わりやね »