フォト

おすすめ本

« 太陽光パネルで森林破壊して環境税? | トップページ | 保険診療は国民に限定すべき »

2023年5月27日 (土)

反移民はヘイトスピーチ?

『大分県日出町に計画されているイスラム教徒向けの土葬墓地の整備について、宗教法人と地元住民が立地協定を結んだ5月9日以降、日出町などに差別的な言葉を含む反対意見が相次いでいます。 弁護士は「ヘイトスピーチにあたる」と指摘しています。イスラム教徒向けの土葬墓地については、別府ムスリム教会が日出町南畑の町有地に整備する計画で5月9日に地元の高平区との間で立地協定を結びました。この場所は杵築市山香町に隣接しています。しかし締結以降、日出町と杵築市に対しメールや電話で反対意見が430件以上寄せられています。中には「移民が増え町が乗っ取られる」などという誹謗中傷もあったということです。県弁護士会の松尾康利人権擁護委員長は「外国人やイスラム教だからという理由での反対はヘイトスピーチにあたり違法行為になるおそれがある」などと指摘しています。 こうした中、日出町議会に対し建設反対を求める2件の陳情が県外から寄せられ、26日の議会運営委員会で取り扱いを協議しました。しかし、宗教差別や風評被害を助長するような言葉が多く使われているとして議会では取り扱わないことを決めています。』
(テレビ大分 5/26(金) 18:48配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/2c14e892002a9a7e2fd83e183838c33569616552

移民に対する反対意見は
ヘイトスピーチに
当たるという。

こうして欧米は
増え続ける移民の横暴により
国を破壊されつつある。

外国人移民は、
日本の法律・文化・慣習に
従うべきで、
それができないのなら、
本国に帰るべきだ。

 

応援のクリックをお願いします。

« 太陽光パネルで森林破壊して環境税? | トップページ | 保険診療は国民に限定すべき »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

給食でハラール食を求め、プールの際の着替えも特別な配慮を求めるイスラム教徒。
こうなることは目に見えていました。
高温多湿な日本で土葬にすれば病気の発生も心配です。
まだ治療法のない新しい病気かもしれません。
「日本の慣習に従えず、自分たちのスタイルを通そうとするのなら帰国する」と入国にあたって契約させてほしいです。
そもそも人口減だからと言って移民を認めるのがおかしいのです。
人口が減ったなら日本人を増やさないと意味がありません。
外国人が増えたらもう日本ではなくなります。

日本をよく知る外国人からは、日本ほど素晴らしい国はない、という声をよく聞きます。この素晴らしい国は、私たちの先人が長い時間をかけて作り上げてくれたものです。私たちには、未来の日本国民のためにこの国のすばらしさを維持する義務があると思います。しかしながら、今の政治家や官僚は、この国を意図的に破壊しようとしているとしか思えません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 太陽光パネルで森林破壊して環境税? | トップページ | 保険診療は国民に限定すべき »