フォト

おすすめ本

« 謝罪など二度とする必要なし | トップページ | 「日韓は重要な隣国」ではない »

2023年5月 7日 (日)

なにこれ?日本が一方的に譲歩

『岸田首相は7日午後、ソウルの韓国大統領府で、 尹錫悦大統領と会談し、東京電力福島第一原子力発電所の「処理水」を巡り、韓国の専門家による現地視察団の訪問を今月受け入れることで合意した。会談後の共同記者会見で首相が明らかにした。
首相は会見で、「元徴用工(旧朝鮮半島出身労働者)」訴訟問題を巡り、韓国側が示した解決策の履行が進んでいることについて、「多くの方々が過去のつらい記憶を忘れずとも、未来のために心を開いてくれたことに胸を打たれた」と表明。「当時、厳しい環境のもとで多数の方々が大変苦しい思いをされたことに心が痛む思いだ」と述べた。
会談で、両氏は、広島市で今月に開かれる先進7か国首脳会議(G7サミット)の際に、同市の平和記念公園にある韓国人原爆犠牲者慰霊碑に一緒に祈りをささげることでも合意した。』
(読売新聞オンライン 2023/05/07 18:54)
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20230507-OYT1T50090/

岸田首相の対韓外交は、
宮澤政権時代など
昔の土下座外交そのものだ。

福島原発の処理水と、
韓国に何の関係が
あるのだろう。

日本で働きたくて
応募してきた労働者に対して、
なぜ「当時、厳しい環境のもとで
多数の方々が大変苦しい思いを
されたことに心が痛む思いだ」
などと言う必要があるのか。

米国に命じられるままに動く、
パペットのような首相では、
日本の立場は悪く、
より悪くなっていくだろう。

 

応援のクリックをお願いします。

« 謝罪など二度とする必要なし | トップページ | 「日韓は重要な隣国」ではない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

韓国側も、岸田こいつ馬鹿か、と内心思って笑っているはずです。

最近、岸田を褒める人が多いのに驚く。
河野太郎よりマシ、ということが
褒める理由になるのだろうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 謝罪など二度とする必要なし | トップページ | 「日韓は重要な隣国」ではない »