フォト

おすすめ本

« LGBT法案成立必要なし? | トップページ | G7広島サミットの成果 »

2023年5月18日 (木)

米国に言わされたのか?

『G7広島サミットを前に岸田総理が中国などを挙げ「力による一方的な現状変更は許さない」と発言したことについて、中国政府は、「顔に泥を塗るものだ」と強く反発しています。 岸田総理は15日、一部報道機関の取材に答え、G7広島サミットで「中国、ロシアに対し、力による一方的な現状変更は許さず、自由で開かれた国際秩序を守り抜くというメッセージを国際社会に発する機会にしたい」と強調しました。(後略)』
(TBS NEWS DIG 5/16(火) 18:13配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/2129c535865bf1e7f1836375fd77373aa52beb16

ウイグル迫害への対中非難決議さえ
満足に行えなかったのに、
「力による現状変更は許さない」とは
威勢のいいこと。

言っていることは
もちろん間違っていないが、
岸田首相が自主的に
発言したとは思えない。

わが国の首相の一挙手一投足が
米国の指示により行われているようで
何とも情けない。

尖閣や沖縄の守りは
どうなっているのか?

後ではしごを外されて
オタオタすることがないように
してもらいたい。

 

応援のクリックをお願いします。

« LGBT法案成立必要なし? | トップページ | G7広島サミットの成果 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LGBT法案成立必要なし? | トップページ | G7広島サミットの成果 »