フォト

おすすめ本

« 岸田内閣支持率40%に下落 | トップページ | ベトナム人から選ばれる群馬県を目指す »

2023年6月19日 (月)

神社・仏像破壊に厳罰を

『神社境内のさい銭箱を壊した疑いで兵庫県警垂水署に逮捕されたガンビア国籍の無職の男(29)=神戸市垂水区=について、神戸地検は器物損壊罪で起訴した。男は神社近くの地蔵3体を壊した容疑でも逮捕されていたが、地検は、この器物損壊容疑については不起訴処分とした。処分理由は明らかにしていない。いずれも13日付。起訴状などによると、男は5月3日午前9時半ごろ、同市垂水区高丸1の瑞丘八幡神社で、本殿前のさい銭箱の上に置かれた木箱を地面にたたきつけ、割るなどしたとされる(損害見積額は4万9500円)。県警によると、男は逮捕時の調べに「逮捕は違法だ」などと話していた。』
(神戸新聞NEXT 6/14(水) 21:21配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/09cb252f9ef820b36555c1bc26472ef9f8142c4b

イスラム教徒が「神はアッラーだけ」
といって日本の神社などを
破壊している事件について、
法律の範囲内で最高の刑罰を
与えるべきだと思う。

検察は神社近くの地蔵3体を
破壊した件については
不起訴処分にしたそうだが、
地蔵を壊しても罪に問われない
ということか?

最近は神社の本殿が焼失したという
事象も発生しており、
これも前出の事件がエスカレートしたものと
考えられなくもない。

甘い対応をしていると
同種の事件が頻発し、
日本の歴史的建造物が破壊されるなど
取り返しのつかないことになる
可能性がある。

 

応援のクリックをお願いします。

« 岸田内閣支持率40%に下落 | トップページ | ベトナム人から選ばれる群馬県を目指す »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 岸田内閣支持率40%に下落 | トップページ | ベトナム人から選ばれる群馬県を目指す »