フォト

おすすめ本

« 税収3年連続過去最高でも増税 | トップページ | 首相に足りない要素、だらけ »

2023年6月 3日 (土)

つぎは退職金への課税制度か?

『政府が6月中に策定する経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)の概要が2日分かった。同じ会社に長年勤めるほど優遇される退職金への課税制度を改め、勤続年数による格差を是正する方針を盛り込んだ。(後略)』
(日本経済新聞 2023年6月2日 23:00)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA02C0T0S3A600C2000000/

増税になるかは分からないが、
退職金への課税制度が
改められるという。

同じ会社に長年勤めるほど
優遇される退職金に、
何の問題があるのだろう。

この30年ほどの間に、
世界に誇る日本企業の制度や慣行は
欧米風に変更されてきた。

その延長線上にある変更なら、
日本にとって良いわけがない。

 

応援のクリックをお願いします。

« 税収3年連続過去最高でも増税 | トップページ | 首相に足りない要素、だらけ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 税収3年連続過去最高でも増税 | トップページ | 首相に足りない要素、だらけ »