フォト

おすすめ本

« どっちもどっち | トップページ | また外国人による犯罪 »

2023年6月24日 (土)

国民資産を投資へ誘導?

『岸田総理は、岸田政権が掲げる新しい資本主義に基づき、国民が将来に備えて銀行などにお金を預けている資産・貯金を投資へシフトさせることを、金融機関に要請したことが明らかになった。
岸田総理は、6月21日に都内で開催された全国信用金庫大会に出席し、「岸田政権が掲げる新しい資本主義は、様々な社会課題を成長のエンジンへと転換し、官民連携して、力強い成長を実現することで、持続可能で、包摂的な経済・社会を創り上げていく包摂的なパッケージです。その重要な柱として、昨年11月、スタートアップ育成計画と資産所得倍増プランを策定し、実行しています」との旨を述べた。
その後に、岸田総理は「本年を資産所得倍増プラン元年として、NISA(非課税投資)の抜本的な拡充・恒久化や、iDeCo(個人型確定拠出年金)の制度改革など、貯蓄から投資へのシフトを着実に実行してまいります。是非、家計との接点を担う皆様方に、お力添えを頂きたいと思っております」との旨を述べた。
なお、岸田総理は、6が9日に実施されたGFANZの日本支部が設立されるイベントの際に「私が掲げる資産所得倍増プランに基づき、半分以上が預金となっている2,000兆円の家計金融資産を投資に動かします」との旨を述べていた。』
(ASEAN PORTAL 2023年6月23日)
https://portal-worlds.com/news/asean/31237

国民の資産を自由にできる
と思っている時点で
岸田はどうかしている。

最初は「国民所得倍増」と言っていたのに、
それができないと分かると、
いつの間にか「資産所得倍増」になった。

要するにこの男は
嘘つきなのである。

 

応援のクリックをお願いします。

« どっちもどっち | トップページ | また外国人による犯罪 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どっちもどっち | トップページ | また外国人による犯罪 »