フォト

おすすめ本

« お人好しもほどほどに | トップページ | サラリーマン増税(昨日の続き) »

2023年7月25日 (火)

自民党はウソつき党

『岸田文雄首相は25日、自民党の宮沢洋一税制調査会長と官邸で面会し、政府税調(首相の諮問機関)が中長期的な視点に立って税のあり方などをまとめた「中期答申」を巡り、「『サラリーマン増税』うんぬんといった報道があるが、全く自分は考えていない」と述べた。宮沢氏が面会後、記者団に明らかにした。宮沢氏によると、首相から党税調の考えを聞かれ、宮沢氏は「党税調でそういう議論をしたことは一度もないし、党税調会長の私の頭の隅っこにもない」と伝えた。首相は「よかった」と応じたという。 宮沢氏は記者団に「政府税調はものを決める機関ではない」と指摘した。中期答申については「今の政府税調のメンバーの最後ということで、『卒業論文』みたいなもの。正直言って制度の紹介がほとんど。一部のマスコミが面白おかしく報道している」とも語った。 政府税調は6月30日、中期答申を首相に提出した。中期答申に関し、退職金の増税や通勤手当への課税が検討されているとして、「サラリーマン増税」などとの指摘が出ていた。』
(産経新聞 7/25(火) 17:51配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/f549cb9437d6d3a76b9ec3dba61d30d5488c4983

「頭の隅っこにもない」
サラリーマン増税が、
どうして政府税調の中期答申に
出てくるんだよ。

政権・自民党両支持率が
ダダ下がりになっていることで、
「サラリーマン増税」そのものを
無かったことにしたいようだが、
そんなわけにはいかない。

だが、岸田の言う
「全く自分は考えていない」
というのは事実だろう。

おまえは人の言うままに動き
もともと「何も考えていない」
のだから。

 

応援のクリックをお願いします。

« お人好しもほどほどに | トップページ | サラリーマン増税(昨日の続き) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お人好しもほどほどに | トップページ | サラリーマン増税(昨日の続き) »