フォト

おすすめ本

« トランス女性のトイレ使用制限不当 | トップページ | バイデンが岸田をべた褒めする理由 »

2023年7月12日 (水)

横綱・大関全員休場

『大相撲の横綱・照ノ富士(31=伊勢ケ浜部屋)が名古屋場所4日目の12日、「腰椎椎間板ヘルニア、腰椎椎体終板障害で1カ月の安静加療を要する」との診断書を提出し休場した。照ノ富士の休場は今年春場所以来で17度目。4日目の対戦相手、正代は不戦勝。関係者によると、3日目の翔猿戦で取組後に膝をかばうそぶりを見せたが、場所前の稽古で痛めた腰の状態が思わしくなく、休場に踏み切った。4場所連続休場明けだった5月の夏場所で14勝1敗で通算8度目の優勝を挙げ復活をアピール。一度も優勝したことがない名古屋場所(前回は東京開催)での優勝を目指していたが、2日目に錦木、3日目も翔猿に敗れて1勝2敗と苦しい状況に追い込まれていた。場所前に大関・貴景勝が休場を発表。初日は霧島が休場するなか1人横綱として土俵に上がっていた。』
(スポニチアネックス 7/12(水) 8:43配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/22dfa31619a09a6673dce2c72689dc4b242c432a

モンゴル力士のけんか相撲が
幅を利かせるようになってから、
相撲にはほとんど興味を
失っていた。

強い横綱が、
肘打ちや強烈な張り手で
下位力士を寄せ付けない相撲からは、
厳しい鍛錬による力士の力や技を
見ることができず、
勝てば良しの相撲が
土俵を絶望的に穢してしまった。

横綱・大関不在の本場所は
僕の記憶にはないが、
土俵の充実を一顧だにしない大相撲の
成れの果てだろう。

相撲協会の幹部は
責任を取って全員辞任し、
土俵の充実に
一から取り組んでもらいたい。

 

応援のクリックをお願いします。

« トランス女性のトイレ使用制限不当 | トップページ | バイデンが岸田をべた褒めする理由 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トランス女性のトイレ使用制限不当 | トップページ | バイデンが岸田をべた褒めする理由 »