フォト

おすすめ本

« 実質賃金14カ月連続減少 | トップページ | 岸田文雄の厚顔 »

2023年7月 8日 (土)

中国からの食品輸入禁止を

『中国の税関総署は7日、安全上の理由で、日本の10都県からの食品輸入禁止を維持すると発表した。声明で、日本の他の地域から輸入する水産物をはじめとする食品についても関連文書を厳しく精査するとした。日本からの食品輸入に関し、放射性物質の検知と監視を引き続き強化し、安全性を確保すると表明した。今回の措置について、日本産の放射能汚染食品の対中輸出を防ぎ、国内消費者の安全を守ることが目的だと説明している。中国は2011年の東日本大震災直後、5県からの食品・農産物輸入を禁止。輸入禁止を12都県に拡大した後、うち2県を除外した。中国政府は、東京電力福島第1原発処理水の海洋放出に強く反対すると以前から表明。(後略)』
(REUTERS 2023年7月7日)
https://jp.reuters.com/article/china-japan-trade-idJPKBN2YN05G

チャイナが日本の10都県からの
食品輸入を禁止しているのなら
日本もチャイナからの食品の輸入を
禁止してはどうか。

チャイナでは、都市の90%の地下水、
河川、湖沼の水の75%が
汚染されているという。
https://ngojwg.org/studych.html

そんな土地で育つ農産物や
そうした水が注ぎこむ近海で獲れた
水産物を輸入して大丈夫なのか。

チャイナからの農林水産物の輸入は
米国に次いで第2位で、
1兆1,907億円にものぼるという。
https://www.maff.go.jp/j/heya/kodomo_sodan/0610/01.html

おもな輸入品として、
冷凍野菜、鶏肉調製品、大豆油粕、
生鮮野菜、うなぎ(調整品)などが
あげられるという。

スーパーなどではうなぎ以外
あまり目にしないが、
加工食品や中華などの料理店で
大量に使われているのだろう。

チャイナが日本からの食品輸入を
禁止しているのなら、
チャイナからの輸入も禁止する
絶好のチャンスだ。

禁止した分は日本の農家や
水産加工業者に増産を
頼めばいいのではないか。

チャイナもそうなのだろうが、
もちろん日本でも食の安全は
何より大切なのだ。

 

応援のクリックをお願いします。

« 実質賃金14カ月連続減少 | トップページ | 岸田文雄の厚顔 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実質賃金14カ月連続減少 | トップページ | 岸田文雄の厚顔 »