フォト

おすすめ本

« アスパルテームに発がん可能性 | トップページ | 仏移民暴動は明日の日本か »

2023年7月 1日 (土)

日本がウクライナの保証人に

『世界銀行のプレスリリースには次のように記されている。
「世界銀行の執行役員理事会は15億ドルのウクライナ救済・復興開発政策融資を決定した。この借款は日本政府によって保証されている
この融資は、貧困層や難民支援、財政支出の透明性と説明責任の向上、市場機能の改善支援などに充てられるという。
4月、世銀グループでロシア、シリア担当理事を務めるロマン・マルシャビン氏はスプートニクの取材に対し、世銀自身のウクライナへの融資能力はほぼ枯渇していると明かしていた。そのため世銀は現在、西側諸国の「保証人」から提供される資金の仲介、および調整役として支援を行っている。
岸田文雄首相は2月、ウクライナに対し55億ドル(約8000億円)の追加財政支援を行うと発表していた。林芳正外相によると、日本は4月までにウクライナ及び周辺国等に対し、総額計76億ドル(約1兆1000億円)の関連支援を行っている。』
(SPUTNIK 2023年6月30日)
https://sputniknews.jp/20230630/2170-16412243.html

世界銀行がウクライナに融資する
15億ドルを日本政府が保証し、
岸田はウクライナに対し55億ドル
(約8000億円)の追加支援を発表し、
林芳正はウクライナ及び周辺国等に
総額計76億ドル(約1兆1000億円)
の関連支援を行っているという。

思わずため息が出そうな金額だが、
日本は外国に対しては
いくらでも金が出せるようだ。

外国人学生には学費や
日本での生活費に充てるための奨学金を
大盤振る舞いし、
増え続ける外国人労働者には
国民健康保険や生活保護といった
日本国民のための社会福祉を
特別な条件を付けずに与えている。

それらを賄うために
日本国民には増税に次ぐ増税。

あぁ岸田よ、
頼むから早く辞めてくれ。

 

応援のクリックをお願いします。

« アスパルテームに発がん可能性 | トップページ | 仏移民暴動は明日の日本か »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アスパルテームに発がん可能性 | トップページ | 仏移民暴動は明日の日本か »