フォト

おすすめ本

« 共同浴場は身体的特徴で判断 | トップページ | 阿呆のひとつ覚え »

2023年8月 8日 (火)

さらに貧しくなる日本国民

労働者の6月の実質賃金は前の年の同じ月と比べ1.6%減少しました。 物価の上昇に追いつかず15カ月連続のマイナスとなりました。 厚生労働省が発表した「毎月勤労統計調査」によりますと6月に労働者が受け取った名目賃金を示す現金給与の総額は46万2040円で、去年の同じ月と比べて2.3%増えました。 18カ月連続のプラスです。 一方、持家の住宅費用を除いた消費者物価指数は去年の同じ月と比べて3.9%上昇していて、名目賃金の伸びを上回っています。 労働者が実際に受け取った給与から物価変動の影響を差し引いた実質賃金は、去年の同じ月と比べて1.6%減り15カ月連続のマイナスです。 厚生労働省は、物価の上昇が賃金の伸びを上回っているとしています。』
(テレ朝news 8/8(火) 8:30配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/25b32755224eb606625c271f5ff1b195a41d5b1f

岸田文雄は
名目賃金の伸びだけを強調し、
実質賃金の減少に言及しないが、
岸田政権で日本国民は
さらに貧しくなっている。

そのような状況の中、
岸田は外国に行くたびに
莫大な経済支援を約束し、
それを日本国民への増税で
埋め合わせようとしている。

早く日本国民のための
政策を考えてくれる政党・政治家に
入れ替えないと
日本の未来は絶望的である。

 

応援のクリックをお願いします。

« 共同浴場は身体的特徴で判断 | トップページ | 阿呆のひとつ覚え »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 共同浴場は身体的特徴で判断 | トップページ | 阿呆のひとつ覚え »