フォト

おすすめ本

« 女性が縛られ暴行死、男性不起訴 | トップページ | 喜んでいるのは誰なんだ? »

2023年8月22日 (火)

私はいじめられている

『視察先のパリ・エッフェル塔の前でポーズを撮った写真をSNSにアップし、「まるで観光旅行のようだ」と猛烈な批判を浴びていた自民党女性局長の松川るい参院議員。ツイッターに反論をあげるも批判は収まらず、その後、姿を見せない時期が続いたが……8月21日、突如、「局長辞任へ」と各メディアに報じられた。いったいなにが起きたのか。 「騒動後の8月2日、自民党本部で『SNS上の発信については不適切なものがあったと思っていますし、多くの誤解を与えたことについて反省しています』と謝罪しましたが、同時に『有意義な意見交換ができたと思っています』とも話しました。議員会館や事務所の電話にも応答がない日々が続きましたが、その間、地元の府議や市議からSNSで『記者会見して説明責任を果たすべき』『ここは一度、辞職して出直せ』などと諫言されていたのです。しかし、松川さんはまったく反応することなく、地元の行事にも参加しませんでした。周囲には『私はいじめられている』とまで言っていました」(自民党大阪府連関係者)(後略)』
(FLASH 8/21(月) 21:10配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/54e3a6cc71d22cde827433997ada4a03c9b4e207

52歳にもなった
国会議員の言葉とも思えない。

あまりに思慮を欠いた幼稚な言動が
周りから「いじられて」いるだけ。

東大を出て、
外務省のキャリア官僚から
政治家というエリートでも
この程度なのかと。

被害者ポーズは
やめてもらいたい。

 

応援のクリックをお願いします。

« 女性が縛られ暴行死、男性不起訴 | トップページ | 喜んでいるのは誰なんだ? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女性が縛られ暴行死、男性不起訴 | トップページ | 喜んでいるのは誰なんだ? »