フォト

おすすめ本

« サイテーの岸田に最低の支持率 | トップページ | 外国人家事代行サービスの危うさ »

2023年8月12日 (土)

岸田文雄首相という災難

『政府は終身雇用を前提とした退職金課税を見直す。試算によると、同じ会社で20年を超えて働く人が対象の税優遇がなくなれば、勤続30年で退職金2500万円を一時金として受け取る人は最大45万円ほど手取りが減る見込みだ。一時金と年金に分けて受け取れば影響は小さくなるとみられる。政府は6月にまとめた経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)で「退職所得課税制度の見直しを行う」と明記した。(後略)』
(日経新聞 2023年8月11日 19:44 (2023年8月11日 20:22更新))
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA027P70S3A800C2000000/

米国から指示された
LGBT理解増進法、
底の抜けた移民受け入れ、
ホワイト国復帰や通貨スワップなど
韓国に対する全面的譲歩、
世界の国々へのバラマキ、
財務省から指示された
取れる限りの増税など、
岸田文雄首相は日本にとって有害、
大いなる災難である。

ここまで支持率が下がれば、
以前なら党内から
岸田を引きずり下ろそうという
声が上がったものだが、
今の自民党にはそういう
自浄作用もないらしい。

このままでは本当にヤバイ。

政治家を入れ替える以外に、
日本を再生させる道はない。

実力は未知数ながら
参政党あたりをド~ンと勝たせて、
政界にショックを与えるくらいしか
方法は思いつかない。

 

応援のクリックをお願いします。

« サイテーの岸田に最低の支持率 | トップページ | 外国人家事代行サービスの危うさ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サイテーの岸田に最低の支持率 | トップページ | 外国人家事代行サービスの危うさ »