フォト

おすすめ本

« 日本保守党について | トップページ | 外国人留学生優遇の実態 »

2023年9月15日 (金)

あすはきょうよりも良くなる?

『改造内閣の発足から一夜明けて、岸田総理大臣は「『あすはきょうよりも良くなる』と誰もが感じられるよう、政策を進めていきたい」と意気込みを語りました。岸田総理大臣は13日、自民党の役員人事と内閣改造を行い、第2次岸田第2次改造内閣が発足しました。岸田総理大臣は14日午前9時すぎに総理大臣官邸に入る際、記者団から意気込みを問われ、「『あすはきょうよりも良くなる』と誰もが感じられるような国を目指して、経済、社会、そして外交・安全保障の3つの柱のもと政策を進めていきたい」と述べました。』
(NHK NEWS WEB 2023年9月14日 10時27分)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230914/k10014195051000.html

岸田が何かしゃべるたびに
イライラさせられる。

「『あすはきょうよりも良くなる』と
誰もが感じられるよう政策を進めていきたい」
などと、幼稚で、具体性がなく、
現実とは真逆のことを
よく恥ずかしげもなく言えるものだ。

移民・増税・LGBT・物価高・再エネなど、
岸田内閣が行った政策により、
「『きょうはきのうよりも悪くなっている』
と誰もが感じていることが
分からないのだろうか?

経済-緊縮・増税でブレーキ
社会-犯罪増加・動かない警察
外交・安全保障―無能外交・迫る危機

3つの柱も悪化の一途だ。

 

応援のクリックをお願いします。

« 日本保守党について | トップページ | 外国人留学生優遇の実態 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

小泉元首相に顕著でしたが、政治家が抽象的な精神論を言っても何の役にも立ちません。
それに巻かれて乗せられてしまう国民も情けない。
具体的な政策とその理由、展望を示し、何より結果が出なかった場合の責任を取ってほしい。

岸田文雄には即座に責任を取ってもらわないといけません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本保守党について | トップページ | 外国人留学生優遇の実態 »