フォト

おすすめ本

« 岸田またまた支援を表明 | トップページ | 多文化共生は地球規模の理想 »

2023年9月10日 (日)

原発処理水放出理解深まった?

『岸田総理大臣は、福島第一原発の処理水の海への放出について「処理水放出のプロセスが、透明性の高いものだと評価を得て、理解が一層広まった」と述べた。 また日本産水産物の輸入を停止する中国に対しては、引き続き即時撤廃を求めると述べた。』
(FNNプライムオンライン 9/10(日) 18:27配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/75a277d0dd15cee8f1d687007fc70cdcb99045b1

福島原発処理水の海洋放出に
文句を言っていたのは
チャイナと韓国、北朝鮮くらいだった。

そもそもIAEA(国際原子力機関)が
その安全性にお墨付きを与えており、
チャイナなどの言い分が無理筋なのは
世界が理解していた。

日本はもっと早く、もっと強く、
そのことを世界に発信し、
チャイナや韓国の原発処理水の方が
トリチウムの水準が遥かに高いことを
訴えればよかったのである。

もし多くの国に誤解を与えていたとしたら、
その責任は岸田政権にあったと言っていい。

今さら「理解が深まった」と言われても、
「もっと的確に対応してくれ」
としか思えない。

 

応援のクリックをお願いします。

« 岸田またまた支援を表明 | トップページ | 多文化共生は地球規模の理想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 岸田またまた支援を表明 | トップページ | 多文化共生は地球規模の理想 »