フォト

おすすめ本

« 処理水放出に日本国旗踏みつけ | トップページ | アセアンに2兆8千億円 »

2023年9月 7日 (木)

岸田が立ち話で解決はかる

『インドネシアを訪問中の岸田総理は、中国の李強首相と短時間立ち話し、東京電力・福島第一原発の処理水を海洋に放出する方針について直接理解を求めました。 岸田総理 「中国・李強首相と“立ち話”を行いました。アルプス処理水の我が国の基本的な立場について説明をしたということであります」 日中首脳の立ち話は、岸田総理から声をかける形でASEAN関連の首脳会議の前に短時間行われました。 岸田総理は日中関係の重要性に触れつつ、処理水放出について、「国際的基準にのっとって対応している」などとした日本の立場を説明し、理解を求めたとしています。』
(TBS NEWS DIG 9/6(水) 22:04配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/07f5bc3b74405396f117da190134fda6dad24af6

福島原発処理水の海洋放出について、
チャイナの首相に立ち話で理解を求めて
何になると思っているのだろう。

バカだとは思っていたが、
ここまでアタマのネジが緩んでいると
日本の首相を任せておいて大丈夫かと
心配になる。

チャイナの嫌がらせに困らないよう、
経済的なつながりを断ち切っていく
チャンスと捉えるべきだ。

こちらから理解を求めるなど、
チャイナを調子づかせる
最悪の愚策である。

 

応援のクリックをお願いします。

« 処理水放出に日本国旗踏みつけ | トップページ | アセアンに2兆8千億円 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 処理水放出に日本国旗踏みつけ | トップページ | アセアンに2兆8千億円 »