フォト

おすすめ本

« 小さく見せて大きく絞り取る | トップページ | 手術なしで性別変更認められる »

2024年2月 7日 (水)

国民を騙す岸田の悪辣さ

『国民民主党の玉木雄一郎代表は同日、自身のXにこう書きこんだ。 《少子化対策の財源として導入される「支援金制度」ですが、負担が国民1人当たり500円弱という総理の説明は誤解を与えます。少なくとも保険料を直接負担する被保険者1人当たりの負担額を説明すべきで、協会けんぽで月1,025円、組合健保で月1,472円という試算もあります。年額で言うと2万円近い負担になる人も出てきます。正直に負担増を説明すべきです。》』
(FLASH 2/6(火) 14:43配信〈一部抜粋〉)
https://news.yahoo.co.jp/articles/2f2b47fab3f6c29a7994035b83b0a163ba604c71

少子化対策の財源となる
支援金制度だが、
岸田のように国民1人当たりで
割るのではなく、
被保険者1人当たりの
負担増がいくらになるかを
示すべきというのは
正論だろう。

国民民主党の玉木氏によると、
協会けんぽで月1,025円、
組合健保で月1,472円
という試算もあるという。

それが年々上がっていくのだから
現役世代はたまらない。

現役世代からお金を絞り取って、
少子化対策になるわけがない。

 

応援のクリックをお願いします。

« 小さく見せて大きく絞り取る | トップページ | 手術なしで性別変更認められる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小さく見せて大きく絞り取る | トップページ | 手術なしで性別変更認められる »