フォト

おすすめ本

« ウソに嘘を重ねる岸田政権 | トップページ | 東京の犯罪件数激増 »

2024年2月11日 (日)

日本は差別の国と首相が断言

『しかし、残念ながら、我が国においては、雇用や入居などの場面やインターネット上において、外国人、障害のある人、アイヌの人々、性的マイノリティの人々などが不当な差別を受ける事案を耳にすることも少なくありません。マイノリティの方々に対して不当な差別的取扱いを行ったり、不当な差別的言動を行ったりすることは、当然、許されるものではありません。また、近年、外国にルーツを有する人々が、特定の民族や国籍等に属していることを理由として不当な差別的言動を受ける事案や、偏見等により放火や名誉毀損等の犯罪被害にまで遭う事案が発生しており、「次は自分が被害に遭うのではないか。」と、日々、恐怖を感じながら生活することを余儀なくされている方々もおられます。』
(首相官邸 令和6年2月5日〈一部抜粋〉)
https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/discourse/20240205message.html

これは「共生社会と人権」に関する
シンポジウムでのあいさつで、
岸田文雄が語った一節である。

ひと昔前なら、
社民党や立憲民主党の議員が行った
根拠なき反日的言説を
なんと首相が語るように
なってしまった。

岸田文雄は何も考えていないので
自らの言説が日本にどれほどの
害悪を与えるかが分かっていない。

日本は世界的にみても、
極めて差別が少ない国なのだ。

それよりも外国の不法滞在者が
不法行為を繰り返し、逮捕もされず、
逮捕しても起訴されず、
大きな顔をして日本国民の暮らしを
脅かしていることこそが問題なのだ。

もう岸田はダメだ。

それを放置している自民党も
どうしようもない。

このままでは日本が築いてきた
外国からの信頼を、
根こそぎ失ってしまうことになる。

 

応援のクリックをお願いします。

« ウソに嘘を重ねる岸田政権 | トップページ | 東京の犯罪件数激増 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

本当に増税マスクは何も考えていない。
というか、自分の名誉名声と自分に献金してくれる人達のことしか考えていない。
国民が政治に無関心で、文句ばかり言っても何も良くならない。
令和新選組頑張っています。


僕は「れいわ新撰組」のような極左政党は
支持していません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウソに嘘を重ねる岸田政権 | トップページ | 東京の犯罪件数激増 »