フォト

おすすめ本

« 女子中学生性暴行だれの責任? | トップページ | 成田悠輔氏のキリンCM取りやめ »

2024年3月12日 (火)

責任を取るべきは岸田文雄

『共同通信の世論調査で岸田文雄内閣の支持率が過去最低を更新したことが報じられた週明けの11日、政府・与党内には「このままでは下野必至」(自民幹部)との焦燥感が漂った。自民党裏金事件へのけじめがついていないことが背景にあるのは調査でも明らか。17日の党大会に向け地方組織などからは「裏金議員」への処分断行を求める声が高まりそうだ。「問題を起こした議員に責任をとらせないで党則見直しや法改正なんて順序が逆」。11日朝、県内駅頭に立つ自民党議員は行き交う人たちから厳しい声を浴びた。県内関係では新型コロナウイルス禍で自粛下にあった中での飲食店訪問で当時衆院1区現職の松本純氏が離党勧告を受けた。「松本さんの処分に照らせば裏金議員は除名」といった批判も絶えず、県連は厳しいかじ取りを迫られている。(後略)』
(神奈川新聞 2024年3月11日(月) 20:00)
https://www.kanaloco.jp/news/government/article-1062767.html

岸田派でも政治資金不記載が
あったと判明しているのに、
その責任がすべて安倍派に
あったかのように装うさまは、
まさに詐欺師を思わせる。

おまけに大量のパー券を
中国人に買ってもらい、
それに対して説明責任を果たさない
のはどういう了見か。

また岸田自民党は
太陽光パネルの推進や
電気自動車への補助金など
中国人に有利な政策を
次々に打ち出しており、
これがパー券購入の
見返りだとしたら、
贈収賄すら疑われる。

責任を取るべきは
岸田文雄自身であり、
岸田文雄が責任を取って辞職し、
人心一新を図らない限り
自民党の再生など
あるわけがない。

 

応援のクリックをお願いします。

« 女子中学生性暴行だれの責任? | トップページ | 成田悠輔氏のキリンCM取りやめ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女子中学生性暴行だれの責任? | トップページ | 成田悠輔氏のキリンCM取りやめ »