フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 新型コロナ騒動の正しい終わらせ方
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

経済・政治・国際

2022年6月24日 (金)

マスクは着けるか外すかだ

厚労省が熱中症対策のために
また分かりにくいマスク着用のルールを
公表している。

ザっとまとめると、
マスク着用は感染症予防に重要だが、
〇屋外では、人との距離が確保できる場合や、会話をほとんど行わない場合は、マスクを着用する必要はない。
〇屋内でも、人との距離(2m以上)が確保でき、かつ会話をほとんど行わない場合は、マスクを着用する必要はない。
ということのようだ。
(小学生~高校生までの就学児もほぼ同じ)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kansentaisaku_00001.html

逆に言えば、人との距離が確保できず、会話を行う場合は、屋内・屋外を問わず、マスクを着用すべしということになる。

これでは、マスクを外すことなんかできない。

僕も最近は、
外を歩くときは基本的にマスクをしないが、
電車に乗るときやお店に入るときは
そこでマスクをすることになる。

電車を降りた後や店舗で買い物をした後は
マスクを外すのを忘れ、
そのまま外を歩くことが多い。

結論を言えば、オミクロン株になった現在は、
コロナに感染しても重症化する心配はないので、
基本的にマスクを着用する必要はない、
ということにすべきなのだ。

くしゃみや咳が出たり、
微熱があるというような場合に限り、
他人へ感染させないように
マスクを着用するということにすれば
いいのだと思う。

そのためにも、コロナを指定感染症の5類に格下げし、
国民の不安を緩和する必要がある。

今回の厚労省のやり方では、
この夏もみんなマスクを外せない。

 

応援のクリックをお願いします。

 

月数十円の節電ポイントのトホホ

岸田政権には長期的な電力プランもなければ、
短期的な電力供給拡大策もない。

再エネを増やしても電力問題は解決しないし、
短期的には原発再稼働しか方法がないのに、
それを促進する決断もしない。

で、節電ポイントなのだが、
SNSには失望の声が溢れているようだ。

『「月数十円のポイントをあげるので節電してください」って言われてもたぶん皆「それじゃあ数十円払って快適に過ごしますね」といってエアコン付け出すので意味ないですよね』

『岸田政権やばいね 月数十円の還元のシステムを作るのにいくら税金投入するんだろ…?もうほんとやだ』

『「2ちゃんねる」開設者の実業家・ひろゆき氏も、自身のTwitterで、「満足に電気が使えない発展途上国では、精密機器工場などが作られません。21世紀の産業に電気は不可欠なので、先進国の政府はエネルギー確保の努力をしています。ただ、某アジアの衰退途上国では政府がエネルギー確保を怠り、国民や企業に電気使用を控えさせてるそうです。」』

『国民民主党の玉木雄一郎代表も 「やめた方がいいと思います。ポイント還元するなら、税の還付か現金給付してください。また、そもそも今政府がやるべきは、節電のお願いではなく、電力の安定供給の確保では。」と、Twitterに投稿。』
(FLASH 6/22(水) 16:04配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/a42d133ac2811e9553ea0a4567e0702326d778dd

みんな分かっているのだが、
岸田文雄だけは分からないらしい。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2022年6月22日 (水)

日本の守りを放棄し未来を壊す

『岸田文雄首相(自民党総裁)は22日、参院選への決意をツイッターに投稿した。「日本を守り未来を創るため全力を尽くす」と記した。
「本日の福島・岩手・宮城を皮切りに日本全国を回り自民党の政策を訴える」とつづった。主要7カ国首脳会議(G7サミット)などに出席するため、選挙期間中に欧州を訪れることも紹介した。(後略)』
(日本経済新聞 2022年6月22日 9:57)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA2215S0S2A620C2000000/

岸田総理が「日本を守り未来を創る」と
ツイートしたという。

この男が「日本を守る」などということを
露ほども考えていないことは明らかだ。

〇自称広島出身だから核については議論すらしない。
〇原子力潜水艦は金がかかるからやらない。
〇防衛予算拡大のキーマンであった島田防衛事務次官を更迭し、
 参院選後は岸防衛大臣もお払い箱になるかも。
などと噂されている。

たかが日本の経理部門に過ぎない
財務省の言いなりだから、
「日本を守り未来を創る」
ために不可欠の防衛予算などを
どんどん削っていく。

僕から見ると岸田文雄という男は、
「日本の守りを放棄し、
日本の未来を破壊しようとしている」
としか思えない。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2022年6月21日 (火)

電車で痴漢容疑の警官不起訴

『電車で女性の尻を触った疑いで逮捕された警視庁の30代の男性警察官について、東京地検は不起訴としました。
警視庁・亀有警察署の30代の男性警部補は、今年4月1日、東京・世田谷区を走行中の小田急線の車内で20代の女性の尻を触ったとして東京都の迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕され、その後、釈放されました。
東京地検が任意で捜査していましたが、きのう付けで警部補を不起訴としました。
東京地検は不起訴の理由について明らかにしていません。』
(TBS NEWS DIG 2022年06月21日 18時26分)
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12198-1703956/

レイプといった凶悪犯罪が不起訴になるのだから、
電車で女性のおしりを触ったことが不起訴になっても
それほど不思議ではない。

しかしながら、
より高い倫理性が求められる警察官が
痴漢行為をして何もなかったことにされ、
その理由も明らかにされないのでは、
一般人の犯罪に対するハードルを
大きく下げてしまうのではないか?

「東京では電車内で女性のおしりを触っても、
罪には問われないんですね」
「日本ではレイプは合法なんですか?」
と検察官に問うてみたい。

日本は犯罪の少ない国として知られるが、
検察が起訴しないだけなのではないか
と思わないでもない。

 

応援のクリックをお願いします。

 

自称女子は女子競技に参加できない

『国際水泳連盟は19日、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの選手について、競技への参加を一部制限し、トランスジェンダーの選手が出場できる新たなカテゴリーの創設に向けて検討を始めると発表しました。 国際水泳連盟は19日、ハンガリーのブダペストで総会を開き、ジェンダーに関する指針を決定しました。 それによりますと、男性として生まれ、女性として生活しているトランスジェンダーの選手については、「思春期を男性として過ごしていないことを立証できる」場合を除いて、女子競技への参加は認めないとしています。 一方、女性として生まれ、男性として生活しているトランスジェンダーの選手については、男子競技への参加は認めるとしています。 その上で、トランスジェンダーの選手が出場できる新たなカテゴリーの創設に向け検討を始めると発表しました。(後略)』
(日テレNEWS 6/20(月) 14:23配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/ab0db9242882c36c93e9dbcaf85d09bb33ed4c58

〇自称女子の男性は女子競技に参加できない。
(ただし思春期を男性として過ごしていないことを
立証できる場合を除く)
〇自称男子の女性は男子競技に参加できる。

あ~、ややこし。

スポーツ競技は、
従来通り生まれながらの性以外で
参加することはできないと
なぜ決められないのだろう?

自称女子の男性が、
各競技で圧倒的な成績を収めていることを見ても、
生まれながらの性が競技力に決定的な影響を
与えることは明らかだ。

自称女子の男性に
女子競技への参加を認めたら、
一般の女性は上位に入れず、
いずれ女子競技は自称女子の大会に
なってしまうだろう。

それは公平性に致命的な問題となるし、
女性スポーツを崩壊させる。

それくらいのことは
少し考えればわかると思うのだが、
ポリコレは従来の慣習や常識を破壊し、
社会を混乱の谷に突き落とす。

当たり前のことが否定されると、
間違いこそが正解となる。

我々は騙されないように、
常に注意している必要がある。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2022年6月19日 (日)

新型コロナの治療の一例

5月に新型コロナに感染した。

その時のようすは5月18日のエントリー
「コロナはただのカゼか?」に詳しいが、
http://otto-kanata.cocolog-nifty.com/blog/2022/05/post-26b218.html
今日はどのような投薬治療を受けたかについて
書いてみたい。

僕は血圧の治療で3カ月に1度
総合病院で診察を受けているのだが、
その予約日の前日に熱が出たので病院に相談。

病院の敷地内のプレハブの施設で
抗原検査を受けることになり、
検査の結果、コロナ陽性となった。

それで、その場で4種類の薬をもらい
自宅隔離となったのである。

薬は
① カロナール錠(500mg)いわゆる解熱鎮痛剤。
② カルボシステイン錠(250mg)鼻粘膜を修復、鼻の膿や痰を排出しやすく。
③ トラネキサム酸錠(250mg)扁桃炎・咽頭炎の痛み・腫れ等を改善
④ フスタゾール糖衣錠(10mg)咳止め
これを1日3回(毎食後)、7日分もらった。

いわゆる対症療法で、
新型コロナのウイルスに直接作用する薬剤は
処方されなかった。

熱は3日で完全に平熱に下がり、
以降、カロナール錠は飲まなかった。

しかしながら痰の絡む軽い咳は
7日経っても完全には治まらなかったので、
以降のことについて病院に相談したかったのだが、
病院には保健所に相談してくれと言われ、
保健所では病院が対応するはずという回答で、
仕方がないのでそのままにしておいた。

そして、隔離期限である10日目になり、
その後熱も上がらず、毎日計測させられる
パルスオキシメーターの値も正常範囲だったので、
めでたく隔離から解放されることになった。

治療について不思議に感じたのは、
最初に熱を下げてしまうこと。

発熱は免疫力を高め、
ウイルスなどの外敵を殺す作用があるのに、
38度程度の発熱をそれほど急いで下げる意味が
よく分からなかった。

そして、10日目に抗原検査を
行わなかったこと。

その時点でも痰の絡む軽い咳はつづいており、
何をもってコロナ感染症が治癒したと
判断されたのだろう?

熱が下がり、
解熱剤を飲まない状態でその後発熱がなく、
パルスオキシメーターの値が正常範囲であれば
コロナ感染症治癒ということらしいのだが、
こんなに簡単に治癒する感染症が、
なぜペストやエボラ出血熱と同じ扱いなのかも
よく分からない。

寝込むほど強い症状があるわけでもなく、
痰の絡む咳が少し出る程度で、
このくらいなら免疫力の強い人であれば、
普通は病院にも行かないのではないか?

とにかく、なぜこんなものに
大騒ぎしているのか?
オミクロン株に感染した体験からいえば、
不思議で仕方がないというのが
正直な感想である。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2022年6月18日 (土)

だからあんたはバカなんだ

『岸田文雄首相(自民党総裁)は16日夜のテレビ朝日番組に出演し、米国の核兵器を自国領土内に配備して共同運用する「核共有(ニュークリア・シェアリング)」について「核の圧倒的破壊力といった特性を考えると、核拡散に拍車をかけるきっかけになりかねない。核共有という議論には慎重でなければならない」と述べた。』
(SANKEI NEWS 2022/6/16 23:52)
https://www.sankei.com/article/20220616-NJ4CFUKUONJUXDXBKZ6TX5WBDI/

問題は、チャイナ・北朝鮮・ロシアといった
核保有国の脅威から
日本国民をいかにして守るかということ。

核共有がだめだというのなら
他の方法を示すべきだ。

何も有効な手段を示さず、
「核拡散のきっかけになる」といった綺麗事で
済ませられる問題ではない。

核拡散ということで言えば、
既にチャイナや北朝鮮という無法者国家にまで
核は拡散してしまっているのである。

「核共有の議論」にさえ慎重でなければならない
という日本国総理の主張を聞いて、
日本を敵視する国々は高笑いをしているだろう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2022年6月17日 (金)

東京都のコロナ重症患者ついにゼロ

久しぶりに東京都のコロナに関する
「最新感染動向」を見ていたら、
重症患者数がゼロになっていた。

6月14日にゼロになり、
6月15日に1人重症患者が出て、
なぜか16日には再びゼロになり、
それ以降ゼロが続いている。

これでようやく東京都では、
ワクチン接種の殺し文句である
「重症化を防ぐ」が
使えなくなったわけだ。

現在のワクチンは武漢株で作られており、
オミクロン株の感染予防には
効果が低いと言われているので、
もはやワクチンを打つ選択肢はないだろう。

その対策なのだろうか?

東京都の「最新感染動向」の冒頭に出てくる
病床使用率等の一覧表に、これまでにはなかった
「オミクロン株の特性を踏まえた重症者数」
というのが付け加えられていた。
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

「オミクロン株の特性を踏まえた重症者」
というのが従来の「重症患者」と
どう違うのかよくわからないが、
そこには8名がカウントされている。

ワクチンを接種すれば、
「オミクロン株の特性を踏まえた重症化を
防げます」とでも言うのだろうか?

 

応援のクリックをお願いします。

 

2022年6月16日 (木)

電力逼迫の切り札がポイント還元?

『電気料金の上昇の負担軽減などのため、政府は、一定の節電をした家庭や企業に対し、幅広く使えるポイントを還元する新たな支援制度を導入する方針を固めました。
ロシアによるウクライナ侵攻を背景に、火力発電の燃料のLNG=液化天然ガスや石炭の価格が高騰している影響で電気料金が上昇しているほか、老朽化した火力発電所の相次ぐ休止などでことしの夏と冬の電力需給は厳しくなると見込まれています。
こうした状況を踏まえ政府は、料金上昇の負担を軽減するとともに、電力需給ひっ迫の緩和につなげたいとして、ことしの夏以降、節電をした家庭や企業に対し、新たな支援制度を導入する方針を固めました。
具体的には、緊急時などの節電を呼びかける電力会社のアプリをダウンロードするなどした家庭や企業に、幅広く使えるポイントを付与することが検討されています。
また前の年と比較して、一定の節電をした場合にはポイントを還元するほか、電力需給がひっ迫する緊急時の節電には、還元するポイントの上乗せを検討しています。』
(NHK NEWS WEB 2022年6月15日 15時42分)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220615/k10013672481000.html

「日本経済を成長させるための
財政出動はしません。」

「コロナによる貧困化や需要減少のための
現金給付および消費税減税はしません。」

「ガソリン価格高騰を解消するために
トリガー条項凍結解除など減税に関することは
財務省の怒りを買うので絶対にしません。」

「電力需給ひっ迫解消のための
電力供給拡大策は特に思いつきません。」

「でも、節電に協力した家庭や企業には
ポイントを差し上げます。」

あのね~、
はっきり言って岸田首相の能力は
鳩山由紀夫並みですよ。

今年の夏は、ポイント上げるから
熱中症なんか気にせず節電しろなんて、
とても政府が言うこととは信じられない。

トラストミー?

無理です。
はっきり言って無理。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2022年6月15日 (水)

岸田政権には何も期待できない

〇小野田紀美議員
『感染しても影響はない。子供たちはずっと我慢してきた。1、2年は長い。経てば学生生活が終わる。総理は6月に見直したいと言っていた、あと半年で卒業シーズン。子供たちに当たり前の学校生活を送らせてあげたい。部活も修学旅行も練習も発表会も我慢してきた、5類、5類相当でもいいから、下げて当たり前の学校生活をさせてあげて、見直すべきだ。子供たちの当たり前の学校生活を取り戻してあげられるのは総理だけだ。』
〇岸田のアホ
『子供たちの生活、感染を言い出しにくい雰囲気は受け止める。感染症法上の分類は議論は続けていく。その上でいまこのタイミングをどう考えるかは、平時への移行期間と位置付けており、最大限の警戒、感染症対策としては維持していき、平時に近づけていく。今はさまざまな活動を再会し始めている時期なので、分類を見直すことは現実的ではない。タイミングをしっかり考えていくべき』
(Total News World)
http://totalnewsjp.com/2022/06/13/kishida-198/

コロナで日本が大混乱した原因は、
コロナを指定感染症2類相当(1類扱い)
にしたことに尽きる。

ペストやエボラ出血熱と同じレベルの感染症
に位置づけ、それ以上の対策をしているのだから
異常としか言いようがない。

2類相当(1類扱い)だから隔離が必要となり、
隔離が必要だから気軽に病院にも行けない。

すべて保健所を通すことになり、
保健所は手一杯で十分な対応ができず、
放置同然の患者も数多くいた。

PCR検査のような感染確認の検査が広く行われ、
発症しなくても陽性になれば、
仕事にも、学校にも行けなくなる。

5類では絶対に行われない
緊急事態宣言やまん防が繰り返し発令され、
経済への大きなダメージとなった。

もともと2類相当(1類扱い)は
過剰な指定だったのだが、
重症患者や死者が激減したオミクロン株でこそ、
5類に下げる絶好のチャンスなのだ。

その絶好のタイミングに
『分類を見直すことは現実的ではない』とは
どういう判断力なのだ。

何もしない岸田政権の支持率が高いようだが、
参院選で勝たせても、
この政権は日本のためになることは何もしないし、
何も期待できない。

今回だけは、媚中・親韓・反日でない
自民以外の政党に投票すべきだろう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

より以前の記事一覧