フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

経済・政治・国際

2018年2月24日 (土)

事件・事故の背後に


『政府は23日午前の閣議で、左翼過激派の日本革命的共産主義者同盟
革命的マルクス主義派(革マル派)に関し
「全日本鉄道労働組合総連合会(JR総連)および東日本旅客鉄道労働組合
(JR東労組)内には、影響力を行使し得る立場に革マル派活動家が
相当浸透していると認識している」とする答弁書を決定した。
民進党の川合孝典参院議員の質問主意書に答えた。』
(産経新聞 018.2.23 11:20)
http://www.sankei.com/politics/news/180223/plt1802230017-n1.html

JRで頻発する架線切断や火災などの事故の原因は
外的要因もあるだろうが、
内部からの問題も当然予想できた。

それが、やっと表に出てきたということだろうか?

JRだけでなく、すべての企業における不祥事の原因が
似たようなところにあるのではと僕は想像する。

戦後70年の長きにわたって、
日本のあらゆる企業に反日勢力が、様々な手段を使って入り込み、
不祥事を起こしてはメディアがそれを叩いてきた。

さらには反日ブラック企業が労働環境を悪化させ、
過労死などの問題を生み出し、
それがまるで一般企業の問題であるかのように、
労働者の権利ばかりが強化されてきた。

これから、不良社員により企業は疲弊し、
些細なことで訴えられて巨額な賠償を
払わせられることになるのではないか?

ただでさえ財務省の増税・緊縮政策で
日本の成長は抑えられ、
企業は厳しい戦いを強いられている。

不良社員と社員に有利な法律、
利益をかすめ取る外国株主と国のデフレ政策…
これが日本弱体化政策の肝ではないだろうか。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


2018年2月23日 (金)

意味分からぬ競技

『2018年2月20日、環球網は、平昌五輪スピードスケート・ショートトラック
の女子3000メートルリレー決勝で、中国が反則を取られて失格になったことについて、
「韓国開催の五輪は意味が分からない」と強い怒りを示した。(中略)
記事によると、審判の裁定結果を見た中国の李[王炎](リー・イエン)監督は
信じられないといった様子で頭を抱え、その後「審判のジャッジは一貫性を
保つべきだ」として正式に抗議を行った。
選手からは「ショートトラックという競技がますますわからなくなった」
という声も出ているという。(後略) 』
(レコードチャイナ 2018年2月21日(水) 10時40分)
http://www.recordchina.co.jp/b571111-s0-c50.html

僕も以前から、ショートトラックというのは
よく分からない競技だと思っていた。

競技の性格上、反則の起こる可能性が極めて高い。

20日に行われた男子500メートル予選で、
北朝鮮のチョン・グァンボムが
日本の渡辺啓太選手のブレードをつかみに行った行ないは
とてもオリンピックとは思えない醜いシーンだった。
http://www.sankei.com/pyeongchang2018/news/180222/pye1802220038-n1.html

見ていても、どこまでがOKで
どこからが反則なのかがよく分からない。

「ショートトラックという競技がますますわからなくなった」
という選手の声はもっともだし、
「韓国開催の五輪は意味が分からない」という意見は、
世界が感じているところだろう。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


2018年2月21日 (水)

もう次から次へと…


『韓国料理をベースにしたフュージョン料理「チーズタッカルビ」
がヒットしている――。(中略)
チーズタッカルビは、東京・新大久保コリアン街にある「市場タッカルビ」
という店が開発した創作料理だ。
インスタ映えすると話題になり、10~20代の女性の間で爆発的な人気となった。
今やコリアン街のほぼ全ての店が、こぞってチーズタッカルビをメニュー化し、
看板にチーズタッカルビ提供店であることをアピールするようになっている。
チーズタッカルビの起爆力にけん引されて、一時期閑古鳥が鳴いていた
コリアン街がよみがえり、「TWICE」(トゥワイス)のような新しいK-POP
アイドルや、韓国の化粧品も見直されるようになった。(後略)』
(ITメディアビジネスオンライン 2/20(火) 6:40配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000007-zdn_mkt-bus_all

現代日本人のバカッ舌には、マヨかチーズをかければ、
だいたい「旨い!」となる。

それにしても韓国は、どうしても日本人を
韓国化したいらしい。

「2月20日、農業振興になぜキムチ?」のエントリーでも言及したが、
牛丼屋をはじめ最近のファーストフード店やファミレスで
韓国メニューのない店はほとんどない。

僕は行かないけれど、ラーメンの日高屋にも「チゲ味噌ラーメン」
という気持ち悪い食べ物があるという。

この「チーズタッカルビ」も牛丼チェーンの「松屋」や
ファミレスの「デニーズ」、コンビニの「ファミリーマート」で
提供されているらしい。

まあ、食べたい人は食べればいい。

しかしながら、こうしたブームづくりが
韓国の画策する日本への文化侵略の一環であることは
理解しておくべきだ。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


2018年2月20日 (火)

アホテレビはほどほどに


『五輪2大会連続銀メダルのスノーボード男子ハーフパイプ・平野歩夢(19)
=木下グループ=が20日、生出演予定だったフジテレビ系「めざましテレビ」
(月~金曜・前5時25分)と日テレ系「スッキリ」(月~金曜・前8時)
を欠席した。番組冒頭で体調不良と説明された。(後略)』
(スポーツ報知 2/20(火) 8:33配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000062-sph-ent

メダルの余韻に浸る間もなく、
何度も何度も同じことを聞かれては
メダリストもたまったものではない。

競技が終わって、インタビューがあって、
メダル授与があって、インタビューがあって、
さらに現地の報道ブースでインタビューがあって、
もう十分だろう。

何度、話を聞けば、気が済むのだ。

カメラの前では、
彼らだって不機嫌な顔はできない。

でも本人以上に興奮して、
何が聞きたいのかよく分からない聞き手を相手に、
的確な答えをするのは疲れるだろう。

平野は『競技後は十分な睡眠が取れず「鼻水交じり。
自分の部屋でゆっくりしたい」と話していた』という。

アホテレビのお祭り騒ぎはほどほどにして、
ゆっくりさせてあげて欲しい。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

農業振興になぜキムチ?

『農業への関心を高めようと、宮城県石巻市で、
市民らを対象にしたキムチづくりを体験する教室が開かれました。
この体験教室は、石巻市を拠点に農業の担い手育成などに取り組んでいる
一般社団法人が開いたもので、市民や学生らが参加しました。
参加者はキムチづくりに挑戦し、
初めにニンジンやネギなどの材料を千切りにしました。
このあと、もち米で炊いたおかゆや野菜などの材料に粉唐辛子を入れて混ぜ、
最後にあらかじめ塩付けにしていたハクサイを加えてキムチを完成させました。
主催した一般社団法人では、「今後もこのような体験教室を通じ、
農業に関心を持つ人を増やしていきたい」と話していました。』
(TBC東北放送 2/18(日) 7:12配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000002-tbcv-l04

なぜ日本人の農業への関心を高めるために
キムチづくりを体験しなければならないのか?

主催したのは一般社団法人とあるが、
なぜ具体名を出さないのか?

僕はキムチをはじめ韓国料理は一切食べないが、
牛丼屋をはじめ最近のファーストフード店やファミレスで
韓国メニューのない店はないのではないか?

僕は思うのだが、これほどすべての店に
韓国メニューがあるということは、
置いてない店に対し「なぜ韓国料理を置かないのか?」
というようなクレームが入るのではないだろうか?

焼き肉はともかく、日本人がそれほど
韓国メニューを好きとは思えない。

話が脱線したが、日本人の農業への関心を高めるのに
キムチづくりはないだろう。

宮城県石巻市と聞くと、
震災で甚大な被害を受けた土地だけに
おかしな組織が入り込み、
復興を妨げているのではないかと心配になる。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


2018年2月18日 (日)

羽生すごい、日本すごくない


『羽生君すごい、宇野君すごい、
日本、別に凄くない、
総理大臣、関係ない。』

こんなツイートが話題になっているという。

不思議なのは、羽生や宇野の活躍で、
誰が「日本は凄いだろう」と
自慢しているというのか?

日本人の感覚としては、
羽生に関しては「ケガを乗り越えてよく頑張った」、
宇野に関しては「初めての五輪でよく実力を出し切った」
というようなところだろう。

しかしながら、日本人の活躍に対して異様な嫉妬心を
感じる民族がいるようなのだ。

韓国には、「いとこが田畑を買えばお腹が痛い」
という諺があるという。

他人をうらやむ気持ちは日本人にもあるが、
この「お腹が痛くなる」ほどの激しい嫉妬心は、
日本人には理解できない。

そして、韓国人の日本に対する憎悪の根底には、
この「お腹が痛くなる」ほどの嫉妬心があるようだ。

別に韓国に対して自慢する気は全くなくても、
日本に何かいいことがあれば、
嫉妬し、貶めようとするのだから始末が悪い。

あのメンタリティが変わらなければ
国際社会で生きていくことなどできないのだが、
変えることはできないんでしょうね。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

採点競技への不信感

僕にはスノーボードのハーフパイプという
競技のことはよく分からない。

しかしながら、今回の平昌五輪で、
平野歩夢とショーン・ホワイトの演技を見比べたときに、
なんとなく平野の方が上ではないかと感じた。

それは、非常になめらかな演技と、ちょっとザラついた感じ
という感覚的な違いでしかなかったのだけれど、
なんとなく不審に思って後でググって調べてみた。

すると日本人の有名な競技者だったと思うが、
二人の演技を比較して、
平野は後ろ回転ばかりで単調な演技構成だったけれど、
ショーン・ホワイトは前回転も加えて演技のバリエーションで
勝っていたと、確かそんな解説をしていたように記憶する。

それで、その時は「ああ、そういうものなのか」と思って、
納得したのだった。

しかしながら、最近目にした記事によると、
あの判定は明らかに誤審で、
平野が勝っていたというのである。
http://pyeongchang.yahoo.co.jp/column/detail/201802140008-spnavi

その決定的なシーンは次のように説明されている。

『しかし、ショーンのキャブダブルコーク1440はグラブをしていなかったんです。
これはスローで見れば分かります。誰が見ても分かります。
板ではなく、ブーツを触っているだけでした。
1つ前のランでミスをした技なので、修正しようという気持ちが
何かしらの影響を与えたのでしょう。要は届かなかったのです。』

そのミスが得点に反映されていれば、
平野が勝っていただろうというのだ。

これはひとつの意見であって、
必ずしも今回の採点を誤審と決めつけることは
できないかも知れない。

しかしながら、浅田真央とキムヨナの
八百長判定を見せつけられてきたものにとっては、
「またか」という感じがしないでもないのである。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

2018年2月17日 (土)

韓国に五輪はムリ PART2

平昌五輪のカーリング女子は15日、1次リーグが行われ、
世界ランク6位の日本(LS北見)は同8位の韓国に
1点を追う終盤の第9エンドに逆転し、7―5で開幕3連勝。
3連勝は男女を通じて五輪では日本史上初の快進撃で首位に立った。
(中略)
▼吉田知那美 (韓国への声援について)失敗して“イェーイ”
って言われるのはすがすがしい。
絶対にミスしないって気持ちの強さになった。
盛り上がってくれれば何でもいい。
(スポニチ 2/15(木) 22:55配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000130-spnannex-spo

フィギュアでの羽生の活躍を見ていると、
平昌でやっていることをつい忘れてしまうが、
やっぱりここで五輪をやるべきではなかった
という出来事があちこちで起こっている。

カーリングの日韓戦もそのひとつ。

相手チームのミスに“イェーイ”と喜びを表わす応援の仕方は、
他国ではなかなか見られないものだろう。

ジャンプのラージヒルの予選は、もはや風任せの状態で、
ほとんどの選手がとんだ後首をひねっていた。

ショートトラックでは、韓国選手を失格にする結果となったカナダ選手が
SNSで殺害脅迫され、表彰台で泣いてしまった。

スイスのフリースケールスキーヤー2人はノロウイルスに感染するし、
江陵オリンピックパークでは強風が吹きすさび、
関連施設が吹き飛ばされたという。

屋外競技はすべからく風の影響を受けるものではあるけれど、
世界最高の大会が、なぜ強風で公平さを著しく欠く舞台で
行なわれなければならなかったのか。

この点についてIOCのバッハ会長に
詳しく聞いてみたいところだ。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


2018年2月15日 (木)

専守防衛というアホ戦略

『衆院予算委員会は14日午前、安倍晋三首相と関係閣僚出席の下、
外交・安全保障問題などに関する集中審議を行った。
首相は日本の安全保障政策の基本である専守防衛について、
堅持する考えを示しつつ「純粋に防衛戦略として考えれば大変厳しい。
相手からの第一撃を事実上甘受し、
国土が戦場になりかねないものだ」と述べた。
自民党の江渡聡徳氏への答弁。(後略)』
(jiji.com 2018/02/14-12:39)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018021400194&g=pol

日本には「平和憲法」や「非核三原則」「専守防衛」
といった、深く考えることなく、思考停止状態で
正しいと考えられている言葉がある。

憲法が交戦権すら否定した馬鹿げたものであることで、
それが故にチャイナに侵略されたとすると、
「平和」憲法によって日本は「地獄」と化すわけである。

唯一の被爆国である日本だけが、なぜ自ら核を持つことを
否定しなければいけないのか?

報復を恐れて、米国が「日本にだけは核兵器を持たせない」
と考えることは理解できる。

しかしながら日本が率先して核保有を否定することは、
日本への3発目の核爆弾投下を容易にする。

西部劇で、早撃ちの名手が、相手が拳銃に手をかけたところで
素速くガン抜き、拳銃を持った相手の手を撃ち抜く。

これも、「相手が撃った後でなければ撃つことができない」
という縛りがあれば、どれだけ早撃ちの技術を磨いても、
一発目はくらわざるを得ない。

運が悪ければ死んでしまう。

これが専守防衛なのだ。

安倍総理は、専守防衛を堅持するとしながら
「純粋に防衛戦略として考えれば大変厳しい」という
当たり前のことを述べたわけだが、
本来なら専守防衛という馬鹿げた防衛戦略そのものを
見直すべきなのだ。

普通に考えて、日本に対する第一撃は、
あなたやあなたの大切な家族の命を
奪うかも知れない。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


2018年2月14日 (水)

ノロはどこからやってくる


平昌五輪でのノロウィルス騒動は、
汚染された地下水で食事を作ったのが原因と
いわれている。

調理用の水からは、大便物質などによる汚染から生じる
大腸菌が検出されたという。

また先日は、中国の五つ星ホテルで、
宿泊客が使うコップをトイレブラシで洗っていた
というニュースが話題となった。

こうした情報から得られる教訓は、
特亜からの食品輸入をストップすることのはずだが、
日本は当該国の食品を自由に流通させている。

日本でもよくノロウィルスがニュースとなるが、
その大元の原因食材は明らかにされることはない。

ある店の調理器具からノロウィルスが検出されたとか、
店のスタッフからノロウィルスが検出された
という情報は明かされるが、
それ以上原因を追求することはない。

しかしながら、それを突き止めなければ、
再発防止には繋がらない。

日本のように魚を生で食べる習慣のある国では、
衛生管理が極めて行き届いている。

韓国のようにキッチンとトイレが一緒になっていたり、
チャイナのように廃油から食用油をつくり出す国とは
衛生観念が根本的に違うのだ。

僕は以前から、日本のノロウィルスの原因は
特亜からの輸入食材にあるのではないか
と疑ってきた。

だから僕は特亜の食材をできる限り食べないのだが、
自分が食べないだけではダメで、
ノロウィルスは感染者の嘔吐物や便、
その他、手などの接触からも感染する。

本来、厚生労働省は、こうした国からの輸入食品を
厳しくチェックすべきなのだが、
そのようにしているとはとても思えない。

日本でノロウィルスが問題になるたびに、
僕は「韓国食材を禁輸しろ」と呟くのだが、
そんなことは話題にも上らない。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

より以前の記事一覧