フォト

おすすめ本

  • 馬渕睦夫が読み解く
  • 日本の礼儀作法
  • 日本を破壊する種子法改正

経済・政治・国際

2018年7月21日 (土)

おめでとう御嶽海


『大相撲名古屋場所14日目(21日、愛知県体育館)、
関脇御嶽海(25=出羽海)が幕内栃煌山(31=春日野)を
寄り切って初優勝を果たした。
NHKのインタビュールームへ呼ばれると「うれしいです」
と話した後に号泣。何度もあふれる涙を拭った。
「この15日間、緊張した。
周りの声援を聞いて優勝しなきゃいけないという感じになって、
何とか勝てました」と喜びをかみ締めた。(後略)』
(東スポ 7/21(土) 19:02配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000037-tospoweb-spo

張り手もなく、肘打ちもなく、
駄目押しも、判定への注文もなく、
御嶽海の相撲は正攻法で気持ちがいい。

けんか相撲の白鵬が引退、いや休場して、
土俵に本来の魅力が戻ってきた。

反則相撲ばかりで優勝されても、
面白くも何ともない。

しかしながら、今場所もモンゴル出身の玉鷲が、
危険な小手投げを連発して、
琴奨菊と千代の国を休場に追い込んだ。

相撲はガチンコの真剣勝負ではあるが、
同時に観客を楽しませる興行でもある。

有力力士がケガをしてしまえば興味が削がれるし、
だから本来の相撲は駄目押しや危険な技は使わず、
かばい手などで勝負づけが済めば
相手にできる限りケガをさせないものだった。

白鵬のように特注の硬くてザラザラしたサポーターで
思い切り肘打ちして相手に脳震とうを起こさせたり、
勝負あったの後で土俵下に投げ飛ばしたりなどは
あり得ないことだった。

御嶽海の相撲は土俵際で腰を落として寄り切る
昔で言えば大横綱の大鵬のような正攻法の相撲が多い。

優勝を決めた今日の相撲もそうだった。

モンゴル人横綱の相撲で荒れ果ててしまった
土俵を元に戻すには、もう少し時間がかかるだろうが、
御嶽海や高安、遠藤などの人気力士の活躍で
土俵を正常化してもらいたい。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


「だれでもトイレ」に健常者


『ハンディを持つ人が使う多機能トイレの利用方法が混乱している。
車いす利用者向けに広がったが、
その後、高齢者や乳幼児連れなどにも拡大しているためだ。
「だれでも」「みんなの」など名称が曖昧で、
健常者の利用が減らないことも混乱に拍車を掛ける。
2020年の東京五輪・パラリンピックを前に整備が進む
「だれでもトイレ」、一体誰のものなのだろう。(後略)』
(NIKKY STYLE 7/20(金) 7:47配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180720-00000003-nikkeisty-bus_all

トイレ問題は難しい。

僕も一時「過敏性大腸炎」のような症状があり、
男性トイレの個室で待っている人がいるときに
女性トイレに飛び込んでしまおうか、と思うほど
緊急性を要したこともある。

「車イス専用トイレ」ができたのは、
車イス利用者が普通のトイレを利用しにくい、
または利用できないからだろう。

なのに、普通のトイレが利用できる、
高齢者や幼児連れなどにまで利用を拡大してしまえば
一般の人たちが使うようになるのも自然の流れだ。

「車イス利用者専用」となれば、
そこに健常者が入り込むハードルは高いので
「車イス利用者専用」にもどすか、
「だれでもトイレ」を健常者が利用しないよう
広報活動を徹底するかだ。

いずれにしても、藁をも掴むような状態で
トイレに駆け込む人に
理性など働く余地はない。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

2018年7月19日 (木)

泥水で顔を洗う自衛隊員

『西日本を襲った豪雨被害の普及作業に
自衛隊が懸命に取り組んでいる。
現地にいる人達から自衛隊員が
いかに身を粉にして働いているかが伝わってくる。
こちらはなんと泥水で顔を洗う自衛隊員。
被災者に少しでも多くの綺麗な水を
供給したいという思いから
自分たちは極限まで節約しているのだ。』
(Netgeek 2018年7月16日)
http://netgeek.biz/archives/122673

豪雨災害の復旧作業に取り組まれている
自衛隊員の方々の献身的な努力には
本当に頭が下がる。

泥水で顔を洗う自衛隊員の写真は
多くの方がご覧になっただろう。

こういう自衛隊員の方々を徹底的に貶めているのが
共産党をはじめとする反日野党である。

反日野党の訳の分からぬクレームのおかげで、
自衛隊員の方々は制服で街を歩くこともかなわず、
炊き出しの時も自分たちは缶詰などの冷たいものを
人目につかないように食べるなど、
常に最低の扱いに耐えておられるのだ。

世界では軍人というだけで信用され、
尊敬を集めるのに、日本の自衛隊員だけが
なぜここまで酷い扱いを受けなければ
ならないのか。

こういうことにまったく疑問を抱かず、
無頓着なのが今の日本人なのである。

いざというとき日本人を、あなたを守ってくれるのは
隣人であり、地元の消防団であり、土建業の方々であり、
警察であり、自衛隊の方々なのだ。

外国が攻めてくれば、
頼りになるのは自衛隊以外にない。

にもかかわらず、自衛隊の存在自体を否定する
憲法9条改正を望む声が、
国民レベルで大きなうねりにならないことが
不思議で仕方がない。

自衛隊員を最低の扱いに貶めているのは、
憲法改正に声を挙げない
あなたなのである。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

2018年7月18日 (水)

豪雨誘導警官2人犠牲に


『西日本豪雨のあった6日夜、広島県警呉署交通課の巡査長、
山崎賢弘(かつひろ)さん(29)と晋川(しんかわ)尚人さん(28)は
一緒に車で帰宅中に行方不明となり、
17、18日に相次いで死亡が確認された。
土砂崩れで立ち往生した他の車に避難を呼びかけ、
7人の命を救いながら自分たちは流されて殉職した。
遺体の捜索現場に通った家族は悲しみをこらえ、
「誇りに思う」とその行動をたたえた。(後略)』
(毎日新聞 7/18(水) 20:36配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000081-mai-soci

こういう立派な警官が若くして
亡くなられたことが悲しい。

豪雨災害は多くの大切なものを奪い去ったが、
ここへ来て国土強靱化への議論が
活発になってきている。

地震、津波、火山噴火、台風、豪雨など
様々な自然災害の危険に晒されている日本人にとって、
国土強靱化は、今を生きる我々にとっても、
未来の日本人にとっても、
絶対的に必要な国家的大事業だ。

これだけの犠牲を払って、
それでも日本人が目覚めなかったとしたら、
もう日本は終わりだろう。

悲しみをこらえて、
その行動をたたえたご家族同様、
殉職された警官を誇りたい。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

2018年7月17日 (火)

富山集団暴行8人全員不起訴


『富山市内のアパートで女性に集団で性的暴行を加えたとして、
強制性交等容疑で逮捕された富山県射水市の自称会社員(31)ら
男性8人について、富山地検は17日、全員を不起訴処分とした。
地検は処分理由を明らかにしておらず「証拠に基づいて判断した」
としている。』
(毎日新聞 7/17(火) 21:29 )

僕が知る限り、最近の集団暴行事件のほとんどが
不起訴になっている。

事件後の取り調べでは、8人のうち半数が事実を認め、
半数は同意の上だったと惚けていたはずだ。

酒に酔って歩いていた20代の女性が
男性8人に約2時間にわたり性的暴行を受け、
女性は解放されてすぐ警察に駆け込み、
捜査員が現場に急行して任意同行となった。

これで起訴できなかったら、
この国では集団暴行はOKとなってしまう。

事実、ここ1年ほどに起こった
集団暴行のほとんどが(全部かも)
不起訴となっているのだ。

死刑の執行の前などに、
「まだ全容が明らかになっていない」と騒ぐ輩がいるが、
こういう事件こそ、「真相を明らかにせよ」と
迫るべきではないか。

1対8のセックスが同意の上であったとは、
常識的に考えにくい。

それでも部屋に入るとき抵抗しなかったから
などの理由で強制性が証明できないというなら、
女性には極めて不利となる。

最近、言葉によるセクハラなどで大騒ぎをしている
フェミニストや大手メディアは、こうした現実を
どう考えるのだろう?


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


2018年7月16日 (月)

修学旅行で韓国を訪れる高校

『2018年7月11日、韓国・インサイトによると、「過去の日本の植民地支配を謝罪
したい」との理由で、生徒たちを毎年韓国に送る日本の高校が話題になっている。
韓国の慶州市は9日、智辯学園傘下の和歌山高校・奈良高校・
奈良カレッジの生徒43人が同市を訪問したことを公表した。
同学園は1975年から毎年、生徒たちの修学旅行先に同市を選んでいる。
その理由について、記事は「同学園の設立者である故・藤田照清初代理事長の
『歴史を正しく学ばなければならない』という信念のため」とし、
「正確には、日本の韓国植民地支配を謝罪し、
日本文化の起源が新羅と百済であることを教えるため」と説明している。
智辯学園傘下の高校では、これまでに約2万1000人の生徒が修学旅行で
韓国を訪れたという。(後略) 』
(RECORD CHINA 2018年7月11日(水) 21時40分)
https://www.recordchina.co.jp/b624515-s0-c30-d0058.html

「過去の日本の植民地支配を謝罪したい」との理由で、
毎年修学旅行で生徒を韓国に送るのだという。

『歴史を正しく学ばなければならない』という信念が
あるためらしい。

日本文化の起源が新羅と百済にあることも
教えたいのだとしている。

こういう高校が日本に存在しているということ、
そして、それが高校野球でよく耳にする
智辯学園傘下の高校だということを、
日本人は知っておいた方がいいだろう。

智辯学園は宗教系の学校らしいが、
こうした反日思想に染まった高校であることも、
この学校に入学させようとする親は
よくよく考慮しなければならない。

しかしながら自由に様々な情報が得られる日本で、
こういう偏った歴史観を教えられることに、
高校生たちはどんな思いを持っているのだろう?

ぜひ聞いてみたいところだ。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

2018年7月15日 (日)

観光ではなく強盗をしに日本へ


『女性宅に侵入して暴行を加えスマートフォンを奪い取ったとして、
警視庁渋谷署は、住居侵入と強盗致傷の疑いで、韓国籍の住居職業不詳、
キム・テヒョン容疑者(29)を逮捕した。容疑を認めている。
逮捕容疑は、平成29年3月23日午前0時半ごろ、渋谷区内のマンションで、
帰宅した30代の女性を待ち伏せして、女性宅に侵入。
女性の口をふさぐなどの暴行を加えて押し倒すなどし、
スマートフォン1台(時価3万円相当)を奪い取ったとしている。
女性は首などにけがを負った。
キム容疑者は当時、観光目的で来日しており、2人に面識はなかった。
犯行の数日前に現場近くで女性を見かけて、待ち伏せしていたとみられるという。
キム容疑者が今月13日、福岡県内の港から入国した際に逮捕した。』
(産経ニュース 2018.7.15 12:17)
https://www.sankei.com/affairs/news/180715/afr1807150010-n1.html

観光目的の人間が、面識のない女性を待ち伏せして
女性宅に侵入し、強盗致傷など普通は起こさない。

この犯人は、昨年3月に犯罪目的で来日して事件を起こし、
また何か事件を起こそうと来日したところを
捕まったのだろう。

まあ、この記事だけ読むと、
「女性の口をふさぐなどの暴行を加えて押し倒すなどし、
スマートフォン1台(時価3万円相当)を奪い取った」
と非常に不自然な内容になっている。

口をふさぐなどして押し倒したのに
なぜスマホだけ奪って逃げたのか
意味が分からない。

まさかスマホ1台奪うために
女性を待ち伏せしたわけではないだろう。

想像すると、女性が首にケガをしたとあるから、
犯人は女性の首を絞めて意識を失わせた上で
何かしようと思ったのだが、
女性から激しく抵抗されて、
結局スマホを奪って逃げるしかなかった
といったところだろうか。

ちょっと見かけただけで待ち伏せして
犯罪に至るという短絡性は、
日本人にはないものだ。

これはヘイトではない。
単なる事実である。

最近は豪雨災害などの被災地での犯罪に警戒するよう
呼びかけるツイートをしただけで、
ヘイトだと騒ぐ評論家やメディアがあるらしい。

被災地で頻発する犯罪は
今や日本の社会問題なのだ。

これを取り上げないメディアの方が
どうかしている。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

2018年7月14日 (土)

お天道様より防犯カメラ


『大阪・ミナミの道頓堀川に知人男性を投げ落として殺害したとして、
大阪府警南署が殺人容疑で風俗店店長、泉谷(いずたに)卓宏容疑者(33)=
同府茨木市鮎川=を逮捕していたことが14日、同署への取材で分かった。
「酔った悪ふざけで飛び込みをあおったら自分で落ちた」
などと容疑を否認している。(中略)
南署によると、泉谷容疑者らは当初「男性が自ら飛び込んだ」
と説明していたが、周辺の防犯カメラ映像に泉谷容疑者が男性を抱えて
落とす様子が写っていたという。男性は当時、酒に酔っていた。』
(産経WEST 2018.7.14 13:50)
https://www.sankei.com/west/news/180714/wst1807140034-n1.html

もし防犯カメラの映像がなければ、
この容疑者たちは逮捕されなかっただろう。

酔った男性を抱えて川に投げ込むという
荒っぽい殺人事件が、
明るみにならなかったことを思うと、
何やら空恐ろしい気がする。

実際にはそういう事件も
多いんでしょうね。

最近の日本に住む人々は、
「お天道様の視線」などまったく気にしていないから、
全国あらゆる場所にくまなく防犯カメラを
設置する必要がある。

地に堕ちた日本国民の道徳心は
もう取り戻せないだろう。

頼りになるのは防犯カメラの映像のみ。

360度、遠くまで鮮明に映し出す、
防犯カメラの性能向上に期待したい。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

2018年7月13日 (金)

懲役18年→逆転無罪→差し戻し


鳥取県米子市で2009年、ホテル支配人の男性に暴行を加えて現金を奪い、
その後死亡させたとして強盗殺人罪に問われた元従業員の石田美実被告(61)
の上告審判決が13日、最高裁第2小法廷であった。
鬼丸かおる裁判長は、懲役18年とした一審鳥取地裁の裁判員裁判判決を覆して
逆転無罪とした二審広島高裁松江支部判決を破棄、審理を同高裁に差し戻した。
裁判員の有罪判断を見直し、無罪とした二審判決が最高裁で破棄されたのは初めて。
被告側は無罪を主張しており、状況証拠の評価が争点だった。
鬼丸裁判長は、二審判決について、複数の状況証拠を個別に検討するだけで、
総合的に評価する観点に欠けていると批判。
「一審の事実認定に不合理な点があることを十分に示したとは言えない」
と述べた。
(JIJI.COM 7/13(金) 18:40配信)

一審の裁判員裁判で有罪とされた判決が、
高裁で覆される事例が後を絶たない。

これでは何のために裁判員制度を導入したのか
分からないという声も耳にする。

裁判員制度には、「国民の司法参加により市民が持つ日常感覚や常識
といったものを裁判に反映する」という目的があったはずで、
それを高裁の判事がことごとく覆してしまえば、
裁判員制度の存在意義そのものが問われかねない。

そもそも裁判員制度が導入された背景には、
裁判官の日常感覚や常識が一般国民から乖離している
ということがあったのだろうと思われる。

だから裁判員裁判の結果を覆すには、
それを覆すに足る説得性が必要だと思われるが、
現実にはそれは十分でないように感じる。

今回の最高裁の判決は、「いい加減な高裁判決に警鐘を鳴らした」
という点で非常に意味のある判決ではあると思う。

それにしても、有罪・無罪の判断が
これほどころころ変わってしまう裁判というものにより、
私たちの運命が決まってしまうこと自体に
疑問を持つ人も多いのではないだろうか。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


2018年7月12日 (木)

遅すぎた公共事業必要論

自民党の石原伸晃前経済再生担当相と細田博之前総務会長は12日、
会長を務める各派閥の会合で挨拶し、
西日本豪雨の災害に関連して旧民主党政権の公共事業政策を批判した。
石原氏は「日本のインフラ技術があっても、これだけ大勢の方が亡くなった。
『コンクリートから人へ』という政策は間違っていた」と発言。
細田氏は群馬県の八ツ場(やんば)ダムが建設中止の対象になったことに
言及して「ダムは予想せざる事態に対応するため必要なのだと
今回また確認された」と強調した。
(産経ニュース 2018.7.12 20:55)
https://www.sankei.com/politics/news/180712/plt1807120036-n1.html

「今ごろ何言ってるの?」という感じがしないでもないが、
『公共事業悪玉論』に終止符が打たれるのであれば、
今回の悲惨な豪雨災害にも
日本再生への一筋の光明を見い出すことができるだろう。

日本は古来より自然災害に苦しめられてきた。

そして、そのことが、
互いに助け合うという日本独自の国民性を
育んできた。

ところが、本州と四国を結ぶ3本の橋や、
道路を掘ったり埋めたりする工事が続いたことで、
いつ頃からか「公共工事はムダ」という
イメージが醸成された。

あの頃の公共工事が何だったのか
という疑問はさておき、
今回の大規模水害を見るまでもなく、
日本には治水事業をはじめとする公共工事が
必要不可欠であることは
論を待たないだろう。

誤解を恐れずに言えば、
頻発する地震も、大規模水害も、
日本人の惚けた意識を覚醒させるための
破滅的な災厄だったと思えなくもない。

この酷暑の中、
電気も水道も使えない被災者の苦しみは
いかばかりだろう。

こうした被災者をできるだけ生まないために、
また可能な限り減災させるために、
政治にはまだまだできることがあるはずだ。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

より以前の記事一覧