フォト

おすすめ本

  • 馬渕睦夫が読み解く
  • 日本の礼儀作法
  • 日本を破壊する種子法改正

経済・政治・国際

2018年9月26日 (水)

新潮社社長は退任すべし

『性的少数者(LGBT)への表現が差別的だとして批判を受けている月刊誌「新潮45」
の特集を巡り、同誌を出版する新潮社は25日、同誌を休刊すると発表した。
同誌は8月号でLGBT支援を疑問視する杉田水脈(みお)衆院議員の寄稿を掲載。
批判が相次ぎ、10月号の特集で「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」
と題し、評論家ら7人の寄稿を掲載した。
その後、10月号の特集について「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に
満ちた表現が見受けられた」とする佐藤隆信社長の談話を発表した。(後略)』
(産経ニュース 2018.9.25 17:43)
http://www.sankei.com/life/news/180925/lif1809250022-n1.html

「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」というが、
その常識とは談話を発表した佐藤隆信の常識に過ぎないだろう。

僕は残念ながら10月号の特集を読んではいないが、
批判を受けている杉田水脈論文については
僕の常識を逸脱するのもではないし、支持さえしている。

このように一つの論考にはさまざまな感じ方があるもので、
そうであるが故に言論の自由は担保されるべきものと思う。

この新潮社社長の佐藤隆信は、
出版社社長という言論の自由を守るべき立場にありながら
自らの常識を絶対視し、自社の雑誌に寄稿してくれた識者の論考を
「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」と決めつけ、
雑誌を休刊にしてしまうという横暴極まりない決定をするとは
いかなることだろう。

では聞くが、新潮社の他の雑誌、出版物にはこれまで
「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」
は一切無かったと言い切れるのか?

言い切れるわけがない。

結局は「常識を逸脱した」などと尤もらしいことを言っているが、
左翼勢力から厳しい批判を受け、その対応に嫌気がさし、
言論の自由を放り出してしまっただけだろう。

こんなケツの穴の小さな人間に
出版社の社長など務まるわけがない。

今すぐ退任すべきだ。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

2018年9月24日 (月)

憶測を事実として語る池上彰

(雨雲さんのツイートより)
『総裁の任期延長の理由は
「東京オリンピックのときに総理大臣でいられる」から、
というただの憶測をまるで事実かのように断定口調で語る池上彰氏。
すかさず雛壇芸能人が「何もなければねえ」と呟く。
こうして #イケガMeToo も知らないテレビ脳の視聴者の頭の中では
「五輪目的」が事実になる。』
(Share news japan 2018-09-23)
http://snjpn.net/archives/69214

これは9月22日のテレビ朝日「池上彰そうだったのか
違いがわかると新発見意味を理解しようSP」という
番組内でのことだ。

僕は、池上彰の「子役仕込み事件」や「識者の情報パクリ告発」、
「すべて台本疑惑」などが暴露された後で、
いったい池上彰がどんな顔をして登場するのだろうと思い、
夕食を摂りながらテレビを見ていたときだった。

安倍総理が総裁任期を延長した理由として
「東京オリンピックのときに総理大臣でいられる」からと、
真顔で語ったのだ。

もっともその前にナレーションで
「安倍さんが2021年まで総理を務められるようになったのには
ある理由があったからとも言われているんです」
と断定を避けるような言い方をしているのだが、
池上彰自身の発言は、「という噂もある」とか、「と言われている」ではなく、
完全に断定してしまっている。

安倍総理があと3年総理を続けたいと思ったのは、
「憲法改正の発議」や「解決すべき外交案件に対する責任」など、
いくつかの思いがあったと想像するが、
「五輪の時に総理でいたいから」というのは考えにくい。

そういう意味で池上彰は
その見識の無さを晒しているわけだが、
いくら台本を読んだだけにしても
酷すぎないか?

この番組は「池上彰そうだったのか違いがわかると新発見
意味を理解しようSP」という自らの名前を冠した
教養番組風なのだ。

相も変わらず雛壇の低脳タレントが相づちを打つことで、
視聴者を洗脳しようという世論操作番組なのだが、
「安倍総理が総裁任期を延長したのは
五輪開催まで総理でいたいから」という話を信じた人は
どれくらいいたのだろう?

常識的には考えられない話だが、
結構いたのかもしれない。

池上先生の言うことはすべて真実と思っている人が
見ているわけだから…。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

インバウンドの弊害


政府はインバウンドを歓迎し、
訪日外国人を増やすことに躍起になっているようだが、
一般国民レベルでは不愉快なことの方が多い。

チャイナや韓国人には、
日本に来るなら最低限のマナーやルールは守ること
という冊子でも渡して徹底させた方がいい。

最近あったニュースより。

『観光で日本を旅行した3人グループの中国人女子大生が9月上旬、
5泊6日で利用した大阪府内の民泊施設に大量のゴミや落書きを残すなど、
散らかし放題、汚し放題で帰国したことに中国内でも批判が高まっている。』
https://news.nifty.com/article/world/worldall/12180-092528/

『中国人観光客が偽造の国際運転免許証でレンタカーを運転し、
交通事故を起こすケースが相次ぎ、警察庁が中国政府に対し、
国際免許制度を国民に周知するよう申し入れていたことがわかった。』
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180923-OYT1T50010.html?from=ycont_navr_os

そして、スウェーデンでもこんなニュース。

『9月2日、スウェーデンのストックホルム市内で、現地警察の対応に
不満を抱く中国人観光客3人が路上で泣いたり叫ぶなどの騒ぎを起こした。
中国大使館は「人権無視」などの猛批判を展開している。市の検察局長は、
無秩序な行為をする人物に対する対応とコメントを出している。』
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3893530

評論家の石平氏によると、中国人は公衆浴場でも
浴槽の中で身体を洗うという。
https://www.youtube.com/watch?v=7_7gbU6yPws&t=3575s
(1:30~)

他人と共用する場はきれいに保つという
日本人の感性とは相容れない行動で、
温泉などでは絶対に遭遇したくないものだ。

それ以外にも、建物内で唾を吐く、
公共の場で大声を出してしゃべる、
ゴミはその場に放置するなど
マナーの悪さは突出している。

まあ、チャイナや韓国は経済的に追い詰められ、
これからは海外旅行どころではなくなってしまうかも
しれないけれど…。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

2018年9月23日 (日)

石破茂ついに壊れる

『自民党の石破茂元幹事長は21日、
麻生太郎副総理兼財務相が石破氏の総裁選での得票をめぐり
「どこが善戦なんだ」と発言したことを受けて、
「党員の45%が(自分を)支持したのはすごいことだ。
『善戦ではない』というのは党員の気持ちとずれが起きている
のではないか」と反論した。都内で記者団に語った。
石破氏は「純粋に党のため日本のためを思ってくれる人が半数近くいる。
現れた結果を冷静に謙虚に見る姿勢は常に問われることだ」
と麻生氏を皮肉った。』
(産経新聞 9/21(金) 20:02配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00000640-san-pol

石破茂の頭がおかしいことは分かっていたが、
言うことがいよいよ反日朝日新聞や反日野党と
変わらなくなってきた。

要するに常識が通用しないのである。

まわりの人間が石破茂に対して、
「戦前の予想から言えば健闘した方だよ」
というのはわからないでもない。

しかしながら、Wスコアで負けておいて
「45%が自分を支持したのはすごいこと」
「『善戦ではない』というのはずれている」
「党のため、日本のためを思う人が半数近くいる」
などと、自分で主張する人間も珍しい。

安倍総理ではなく自分に投票した人が
「党のため、日本のためを思う人」とは
何を根拠に言っているのか。

議員票では完敗しても、党員票で上回った
というならまだしも、
党員票でも45%対55%で完敗なのだ。

「現れた結果を冷静に謙虚に見ろ」というのは、
麻生副総理にではなく、自分自身に言うべき
言葉だろう。

憲法改正に関しても、この男は
「党員票の45%が私に入っていることをどう考えるかだ」
https://www.asahi.com/articles/ASL9P40ZRL9PUTFK008.html
と安倍総理を恫喝するような言葉を吐いているが、
党員票の55%は安倍総理に入っていることを
石破は理解しているのだろうか?

石破茂はもはや、反日朝日新聞や反日野党と
同じ立場に立っている。

言っていることは支離滅裂なのだから、
自民党を離党して同類の反日野党に移るか、
国会議員を辞めた方がいい。

いずれにしても、まずは腕の良い精神科医に
よく診てもらうことだ。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

2018年9月21日 (金)

負けて存在感って何?

『自民党総裁選で安倍晋三首相が連続3選し、
新たに3年間の総裁任期を手にした。
しかし、陣営が狙った「圧勝」にはほど遠く、
対立候補の石破茂・元幹事長の存在感を高める結果となった。
来夏に参院選を控え、
悲願とする憲法改正への道筋も不透明さを増す。』
(朝日新聞デジタル 9/20(木) 23:55配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000116-asahi-pol

朝日新聞のアホ記者が、
涎を垂らしながら書いたような
馬鹿げた記事だ。

そもそも選挙は勝つか負けるかだ。

負けた人間が存在感を高める
ことなどあり得ない。

国会でも、地方議会でも、
選挙というものは1票差でも勝てば議員、
負ければただの人なのだ。

選挙で事前予想が狂うことなど
珍しくはない。

どうせ安倍総理の大勝だからと
投票しなかった人もいるだろうし、
勝たせすぎを心配して
石破に投票した人もいるだろう。

メディアスクラムを組んで、
「安倍1強」「安倍独裁」「安倍暴走」
などと叫び続ければ、
情弱の自民党員なら騙されたかも知れない。

とにかく選挙は勝つか負けるかが
すべてなのだ。

麻生太郎副総理は、
平成24年の総裁選の決選投票で獲得した89票よりも
今回の石破氏の議員票が73票と少なかったことを指摘して
「どこが善戦なんだ」とメディアを皮肉っている。
http://www.sankei.com/politics/news/180921/plt1809210029-n1.html

反日朝日新聞のアホ記者は、
まさに負けた石破が勝ったかのような騒ぎようで、
「悲願とする憲法改正への道筋も不透明さを増す」などと
自分たちの歪んだ劣情を書き散らかしている。

現実は安倍553票、石破254票と
安倍総理がWスコアの圧勝なのだ。

事前予想と多少の差があったとしても、
安倍大勝の事実は変わらない。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

2018年9月20日 (木)

安倍553票、石破254票

自民党総裁選の結果が出た。

石破茂が意外に健闘した、
というのが大方の見方だろうか?

地方票では接戦となる地域も
あったようだ。

日本人特有のバランス感覚か、
石破の主張に共感した自民党員がいたのか、
とにかく安倍大勝の事前予想が
結果に影響を与えたのは確かだろう。

「石破さんかわいそう」的な
判官贔屓があったと思う。

そもそも石破の主張など
クソみたいなものだ。

たとえば石破は
「どこで何があっても亡くなる方や傷つく方が
最小限になる態勢をつくるために
防災省は絶対に必要だ」と言うが、
絶対に必要なのは「国土強靱化」であり、
災害に強い国づくりだろう。

地震で山が崩れてから、
豪雨で川が溢れてから
できることなど限られている。

そんなことなら現政権は
非常によくやっている。

しかしながら石破茂は財政再建派で、
増税・緊縮政策だから国土強靱化など
まったくやる気がない。

だから防災省など器だけつくって
中身のない話に終始するのだ。

とにかく安倍総理が再選を果たしたので
その点では問題はない。

最後の3年間で憲法を改正し、
日本経済の真の再生、国土強靱化に
道筋をつけて欲しい。

輸出や移民、インバウンドに頼るのではなく、
日本人自身が豊かになることで
経済の好循環が得られるような政策に
転換しなければならない。

このままでは日本は、アジアの片隅の
貧しい島国に成り下がってしまう。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

2018年9月19日 (水)

立憲ペートナー


『立憲民主党、支持者に「PERTNER」と謎の英単語が
書かれたIDカードを配布する。』
http://gensen2ch.com/archives/77012036.html

これ、何の話かというと、
立憲民主党が支持者に渡すIDカードに
「PARTNER」と書くところを、
「PERTNER」と間違って書いてしまった
というだけのこと。

立憲民主党のホームページを見ると、
「立憲民主党はあなたです」という気持ち悪いキャッチコピーに加えて、
「立憲フェス The Constitutional Democratic Festival」とか、
「立憲Partners」とか、
やたら横文字が使われている。
(ここでは間違わなかったようです)

「立憲Partnersとは?」という文章があるので引用すると
『(前略)立憲パートナーズは、従来の政党の「党員」や「サポーター」とは違い、
政治家と市民とが対等な関係でつながることを目指している。
それはいわば、従来型の政党に距離を感じている多様な市民に
政治参加してもらうためのプラットフォームだ。
パートナーズ制度は現在の政治を変えようと願う人たち、
すべてに開かれている。』とある。

つまり、「立憲Partnersとは?」
「党員」や「サポーター」とは違うんだと。

政治家と市民が対等な関係でつながるんだと。

現在の政治を変えようと願う人たちのための
制度だということらしい。

そんな大切な「パートナー」のIDに
「ペートナー」と書いてしまっては台無しだ。

こういうものをつくるときは、
責任ある立場の人のチェックも受けるだろうに、
誰も気づかなかったんだろうか?

政党幹部と濃厚な関係にある関西生コンから大量の逮捕者が出ても
まったく無反応なところから見て、
あまり何も考えない政党なのかも知れない。

ところで逮捕された関西生コンの幹部たちも
「立憲ペートナー」だったんだろうか?


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

2018年9月18日 (火)

万引きしないと暮らせない

『自民党総裁選(20日投開票)に立候補した石破茂元幹事長は17日、
東京・銀座で街頭演説を行い、
15日に死去した女優の樹木希林さん出演の映画「万引き家族」を引き合いに
「悪いことだが、万引しないと暮らせない家族がある。
どうしたら幸せに暮らせていけるか。
その人たちが働ける環境を作っていかないといけない」と語った。
映画は、生活苦のため盗みを繰り返す一家を描いている。(後略)』
(産経新聞 9/17(月) 18:35配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-00000545-san-pol

石破茂は、映画「万引き家族」がドキュメンタリーかなんかだと
勘違いしているのだろうか?

「万引きしないと暮らせない家族がある」と言い切るあたり、
この人、虚構と現実の区別もつかないようである。

いま日本は、仕事さえ選ばなければ、
働けない国ではない。

政治家たるもの、「万引き家族がどうしたら幸せに
暮らしていけるか」ではなく、
「まじめに働いている人が豊かに暮らせる社会」
を考えてもらいたいものだ。

石破茂の政治家人生は今回の総裁選で終わるだろうが、
こんな程度の低い人間が大臣や自民党の役職を歴任し、
2012年の総裁選で安倍総理との接戦を演じて来たことなどを
考えると、この国の政治レベルの低さに寒気がする。

自民党に反日野党が紛れ込んだような総裁選なら
やらない方がよかった。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

2018年9月17日 (月)

憲法改正賛成39%、反対51%


『産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は
15、16両日、合同世論調査を実施した。
20日投開票の自民党総裁選に関し、
安倍晋三首相(総裁)が次の総裁にふさわしいとの回答は
49.6%で、石破茂元幹事長の39.6%を10ポイント上回った。
自民党支持層でみると安倍首相71.4%、
石破氏23.9%で差はさらに広がった。(中略)
安倍首相が自民党の憲法改正案を秋の臨時国会に
提出する方針を表明したことについては、
賛成が38.8%、反対が51.1%と反対が上回った。

自民党支持層でみると賛成は57.5%、
反対は30.8%だった。(後略)
(産経ニュース 2018.9.17 11:43)
http://www.sankei.com/politics/news/180917/plt1809170008-n1.html

「憲法に自衛隊を明記する」という改正案に、
まだ過半数の人が反対している。

憲法をふつうに読めば、自衛隊は明らかに憲法違反だが、
戦力不保持、交戦権否認の規定は、
「主権国家としての固有の自衛権を否定するものではない」
という考え方の元に、自衛隊は違憲ではないとし、
存在している。

そのことを憲法に書き込もうという憲法改正に
なぜ反対するのだろう?

過半数の憲法改正に反対する人々は、
「自衛隊は憲法違反だから廃止した方がいい」
と考えているのだろうか?

憲法学者の大半が自衛隊を違憲とする中で、
今でも自衛隊は日陰者の扱いを受け、
共産党などは露骨にその存在を貶める活動を
続けている。

そのことに対して憲法改正に反対する人は
何も感じないのだろうか?

命をかけて日本国のために活動している自衛隊が
誇りを持って働ける環境をつくろうとは
考えないのだろうか?

何も感じず、考えることなく、
耳から脳みそを垂らしながら
痴呆のように生きる日本人が
まだ過半数なのだ。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

2018年9月16日 (日)

執筆に専念したい

『今年の発表が見送りになったノーベル文学賞の代わりとなる
新たな文学賞の候補となっていた村上春樹さん(69)が
16日までに候補を辞退した。
選考主体「ニュー・アカデミー」がフェイスブックで明らかにした。
「執筆に専念したいため」と説明したという。(後略)』
(産経ニュース 2018.9.16 16:53)
http://www.sankei.com/life/news/180916/lif1809160028-n1.html

村上春樹さんは文学賞にノミネートされると
執筆に専念できなくなるらしい。

今回の文学賞候補を辞退した理由について
「この賞を受賞するとノーベル文学賞が貰えなくなるため」
などと陰口をたたく人がいるが、
そんなことはない。

村上さんは唐突ではあるが、
文学賞にノミネートされると執筆活動に専念できなくなる
という感覚にとらわれたのであるから、
今後一切の文学賞を辞退するはずである。

村上さんは筋を通す人であるから、
ノーベル文学賞が復活し、その有力候補として名前が挙がった段階で、
「執筆に専念したいので受賞を辞退します」との
何らかの意思表示をするだろう。

もし、万が一にも「ノーベル文学賞はいただきます」
というようなことになれば、
「ノーベル文学賞を受賞したいから今回の賞を辞退する」
という非常に恥ずかしい噂が事実ということに
なってしまう。

いくら何でも、そんな恥ずかしいことを
村上春樹はしません。

そんな、そんな恥知らずでは
ありません。


「お前の話はもっともだ」と思われた方は、
緑色のボタンを押してやってください。


人気ブログランキング

より以前の記事一覧